吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英シンクタンク報告書~「真の脅威」は温暖化や軍拡

「対テロ戦争」は、「真の脅威」の焦点そらしている

 英国のシンクタンク「オックスフォード・リサーチ・グループ」は18日までに、21世紀に人類が直面する「真の脅威」は地球温暖化や軍拡であり、米英両国が強行する「対テロ戦争」は、これらの「真の脅威」から人々の目をそらせていると批判する報告書を発表しました。

 「地球規模の脅威への地球規模の対応―21世紀の持続可能な安全保障」と題された報告は、英国の代表的な平和学者のポール・ロジャーズ・ブラッドフォード大学教授らが執筆しました。

 今日の世界の紛争の根源、将来の紛争の決定要因として、
(1)地球温暖化
(2)石油や水などの資源をめぐる競争
(3)格差拡大やエイズのまん延などで世界の多数の人々が社会の進歩から取り残されている状態
(4)地球規模の軍事化
を挙げています。

 このうち(4)については、「核兵器の近代化と拡散により、(戦後)60年間保たれてきた敷居が壊され、戦争での核兵器の限定使用の危険が高まっている」と警告しています。

 報告は、米国が国際テロリズムを最大の脅威とみなし莫大(ばくだい)な資金を「対テロ戦争」にあてているが、9・11テロが起きた2001年でも、テロ犠牲者の5倍の14000人の米国人がエイズで亡くなり、70万人以上が心臓病で死亡していると指摘。「対テロ戦争」偏重のために「より広範な脅威」が無視される結果、テロの危険は逆に増大していると述べています。

 報告は、「真の脅威の諸問題が相互に関連している」ことが重要だとし各国政府も市民運動も、環境、安全保障、貧困根絶などの問題を結びつけて対処すべきだと訴えています。

「真の脅威」は地球温暖化や軍拡の指摘、まさにその通りだと思いました。

スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。