吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政民営化効果?郵便集配 1048局廃止ですよ

 日本郵政公社は28日、郵便物の収集・配達、貯金や保険の集金を行う集配郵便局のうち1048局で集配業務を廃止することなどを盛り込んだ郵便局再編計画を発表しました。集配業務を廃止する郵便局は、北海道160局、新潟県55局、広島県46局、長野県45局など地方の過疎地に集中しています。なんと全集配局4696局の22%で一気に集配業務を止めようと言う話です。ひどいもんです。

 集配業務がなくなると、従来に比べて配達距離が長くなり、配達の遅れる地域が出ることが心配されますね。土日などの時間外窓口が原則廃止になり、利用者は不便を強いられることになりそうです。

 また、配達の際に高齢者世帯に声をかけて安否を確認するなどきめ細かなサービス提供が手薄になるのではないかとの懸念の声もあがっています。

 私の生まれ故郷、奄美大島の瀬戸内町には離島の離島と言われる加計呂麻島、請島、与路島がありますが、この3離島を中心に町内7カ所で集配業務廃止が打ち出されています。
 町では町内20カ所で「町長と語る会」を開催しているようですが、意見交換では危機感が強く出され町長も「集配業務廃止には強く反対し、国に住民の声を届けたい」と応えたことが地元新聞に報道されていました。

郵政民営化の悪弊早速ですね。次は窓口業務の廃止ですね。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。