吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも攻め込まれたら・・・

 そもそも暑さに弱いのに、最近の異常な暑さに記事を書こうという気持ちも萎えています。しかし、今日は、良い記事に巡り会いましたので投稿します。
 次のコメントは、私のブログに寄せられたものです。

たまたまたどり着いた通りすがりのものですが
教えてください
憲法改正反対論者は軍隊も持たず、何もしなければ侵略されることはない
だから憲法9条を守ろうと言ってますが
9条はどうやってミサイルを防いでくれるんでしょうか
9条があるのに北朝鮮がミサイルを撃ったことが信じられません

 
 この人に対する答えになるかどうか。作家の早乙女勝元さんの「もしも攻め込まれたら…」という記事を紹介します。

 「もしも、どこかの国から攻め込まれたら…。ほどほどの軍事力は必要ではないでしょうか?」
 そんな質問を受けることが多くなった。憲法を変えるための国民投票法案が国会に上程されて、改憲に賛成する人たちの気持ちを代弁している。
 これにどう答えたらよいのか。私の考え方を、次にちょっぴり。まず軍事力には、ほどほどの「区切り」がないということ。軍事力は、対立国よりも優位に立たなければ意味がない。相手がピストルなら、小銃か。銃でくるなら機関銃のほうが、機関銃ならばバズーカ砲でといった具合に、歯止め無しが宿命で、最終的には核武装にたどりつく。
 世界中の国々が、みなそうしたら、地球はどうなることか。
 どこかの国が攻め込んでくるかも、のご心配には、少し冷静に足元を見てほしい。この国に、極東最大級の基地を構えているのは、どこの軍隊か。鍵をかけるべき家の、床の間に、招かざる客が凶器を手にして、デンと居座っているではないか。戦後60余年も…。「とっくに攻め込まれているという解釈も成り立ちますよね。しかもその客は、メンバーチェンジの費用を出せと、一家の主に迫っているのです。それが閣議決定された在日米軍再編です。総額約3兆円というけれど、”控えめな試算”だそうで、さらにふくらんでいく可能性があります」
 「3兆円といったら、赤ちゃんからお年寄りまで、1人当たり25,000円以上。それだけの金を国民生活にまわせば、増税なし、介護保険料、医療保険制度改悪なしで、たっぷりとおつりがくる。再編は日米軍事同盟強化なのです。一家の主は、物騒な客の言いなりで、家計は火の車なら、隣近所の人たちも、警戒心でピリピリしているのですよ。あの方には、一刻も早くお帰り願わないと。そして、家族はもちろんのこと、近所中と仲良く平和に暮らしていこうではありませんか」
 個人的な意見だが、わかってもらえたか、どうか。武力では、何事も解決できない時代にきていることを、訴えたいと思う。


 大橋巨泉さんが、憲法9条の大事さと非武装中立にふれて、「僕が人生の師と仰いできた山口瞳さんの有名な言葉」として紹介している記事にも出会えました。

 「僕は卑怯未練な理想主義者かもしれない。でも非武装中立が正しいと思う。究極として言えば、僕は日本という国がなくなってしまってもかまわないと考えている。人を傷つけるのがイヤで、滅んでしまった国がこの地球上にあったということが残るだけでいいじゃないか」

 楽観的かも知れませんが、私は、日本に対して攻めてくる国はないと確信しています。北朝鮮のテポドンや中国の巨大な軍隊より、憲法9条がなくなることの方がよっぽど怖くありませんか。戦後60年余、試されずみの抑止力です。
 丸腰の人間を切ったら極悪人です。極悪人になる国はないでしょう。

スポンサーサイト

9条は宝発言(14)~平和だからこそ、歯科は人生を豊かにできる

 今回は、松本歯科大学の笠原浩さんの発言です。笠原浩さんは小児と障害者の歯科医療のため、大学や地域で長年尽力し、平和への思いから「九条の会・医療者の会」の呼びかけ人にも名を連ねました。

終戦前日にも空襲が
 私の父親は田舎町の歯科医でした。歯医者が足りない時代でしたので、待合室は患者さんが大勢、何時間も待っている状況でした。そんな中、突如として「赤紙(招集令状)」がくるわけです。「何月何日までに師団司令部に出頭しなさい」と。本人はもちろん、残される患者さんも大変でした。普通に働いている市民が、たった一枚の「赤紙」で戦場に引っ張り出される。それが戦争です。父親は三回も戦場に引っ張り出されましたが、運よく生きて帰ってきました。友だちには、二度とお父さんが帰ってこなかった人もいました。

 軍需工場がある町だけでなく、織物工場しかない町ですら空襲に遭いました。しかも、終戦前日の八月一四日の晩です。町中が丸焼けになり大勢の方が亡くなりました。戦争はかっこいいなんてものじゃない。とんでもないものです。

九条で日本が得た利益
 憲法九条があることで、いったい日本がどんな不利益を被(こうむ)ったというのでしょう。この六〇年間、戦争を放棄し、軍隊を持たないことで、他国に侵略されたことがあったでしょうか。逆に、九条のおかげで、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争でも、日本人は一人も戦闘には加わりませんでした。戦争で殺されることも、他国の人を殺すこともなかったのです。九条があることで、日本はすごい利益を被っています。国際貢献が必要というなら、NPOなどでがんばっているたくさんの方がいます。軍隊より、ああいう人たちが現地の役に立っています。マスコミがとりあげないのが不思議です。

 ものごとは素直に、実際自分がどういう利益を受け、不利益を被るのか、という視点から見てよいと思います。戦争をして得をするのはだれか? 一般市民ではありませんよね。

 小泉改革でも同じです。普通の市民にとってどうなのかを見ることです。医療では、老人の自己負担は、昔は原則無料だったのが二割負担まできています。健保本人も、かつての一割がいまは三割負担です。実際これで、患者さんは受診できなくなっています。

障害者は邪魔者扱い
 いま医療は、多くの人に人生を楽しんでもらう方向に進化していると思います。かつては「生命に直接関係しない」と軽視されがちだった歯科医療も、おいしく食べられる、容貌が保てる、大勢の人と話せるなど、QOL(生活の質)を守る上で、大きな役割が果たせるようになりました。

 小児歯科をずっとやってきましたが、七〇年代でも、子どもの虫歯は手間ばかりかかって儲からないから、「泣く子はお断り」という歯科がありました。まして障害者を受け入れてくれる歯医者がほとんどなかったのです。私は小児歯科や障害者歯科の発展のためにずいぶんたたかってきました。国会にも行きました。お母さん方や障害者団体と一緒に運動し、徐々に改善されてきましたね。

 しかし、その方向と戦争とはまったく相容れません。軍国主義の時代には障害者は完全に邪魔者で、ナチス・ドイツでは実際に殺されてもいます。せっかく医療がいい方向をめざそうとしているのに、また、昔のような、悪い方向にいってしまうのは、とんでもない。障害者自立支援法も障害者をまったく無視しています。

 歯科医療はますます発展すると思っていますが、それは平和でなければあり得ません。戦争を実体験している最後の世代として、これから医療を担い、日本をつくっていく人たちに、もう一度憲法を読み返して、九条の意義を分かってもらわなければいけないと思っています。

笠原 浩さん (歯科医師)
 1937年、群馬県生まれ。1963年、東京の代々木病院歯科に勤務。1975年に松本歯科大学講師となり、小児歯科学講座のなかで、重度障害者の歯科治療にとりくむ。1982年、障害者歯科学講座の初代主任教授に就任。松本歯科大学病院長、ロンドン大学客員教授なども併任。『子どもの歯』(新日本新書)『入れ歯の文化史』(文春新書)など著書多数。現在、松本歯科大学新宿クリニック所長、長野県医療審議会会長。

障害者の自立を支援しない法律の悪影響です

 障害者の自立を支援しない「障害者自立支援法」が4月から施行されて3ヶ月余が経過しました。
 「自立」の名のもとに障害者・家族に大きな負担を求めた法律のもとで、障害者と家族、施設が大きな苦境に立たされています。この間の実態をもとに、あらためて法律の改善を求める運動が必要です。
 以下は、7月26日地元紙に掲載された宮崎県内の状況です。


県内障害者 施設退所は33人
 福祉施設利用料の原則1割負担を定めた障害者自立支援法が施行された4月の利用者の負担額は、前月と比較して1万920円増えたことが県の実態調査で分かった。施設系サービスで利用料が特に増加。施設退所者は6月末で33人に上っており、同法施行が利用者へ重くのしかかっている実態が浮き彫りとなっている。

 障害者手帳が交付されている県内の身体、知的、精神障害者と障害児8万1376人(2005年3月末現在)のうち、サービス利用者は4797人(居宅サービス2261人、施設サービス2536人)。

 負担額の内訳をみると、居宅サービス利用者は1万円未満が全体の73・2%を占め、施設サービス利用者は5万円以上が最も多く47・8%。

 利用者の負担増額分は居宅系サービスで平均約4千円。最高額は4万3020円だった。施設系サービスでは平均約1万6千円。5万円以上が47人おり、最高額は7万8570円。

 同法施行を機に施設を退所したのは6月末までに33人(入所施設18人、通所施設15人)に上った。退所後に在宅サービスを受けていない障害者は22人いた。

 県や市町村が今月、施設退所者の13人に聞き取り調査をしたところ、退所理由として「利用者負担をしてまでサービスを受けたくない」「家族の生活費を負担しなければならない」などの意見があった。

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

【転載】「核廃絶を願って③~原爆孤児~」

image-hibaku.jpg


                「原爆 孤児」

              父も 母も 兄弟も

              身寄り一人もいなくなり

              その日から食べ物をあさり

              野宿し

              着替えもなく

              盗みをしなければ

              生きられませんでした

              病気を治すことも

              学校に行くこともできず

              乞食の生活でした

              心を支えてくれる

              家庭もふるさとも

              すっかりなくなりました。


                   広島★雪を食べる子どもたち
                   撮影:佐々木雄一郎


     -----------------------------------

        この子供たちが、何をしたと云うのでしょうか
        一発の原爆が兵隊ではなく、一般市民にまで襲ったのです。
        一瞬のうちに親をなくし、兄弟をなくし、家族を失ったのです。

        戦争とは、こんなにも酷くて悲惨なものはありません。

        いま、パレスチナでも戦火の炎が挙がっています。
        いつになったら、この地球から戦争の炎が消えるのでしょうか。
        我々には、核兵器はいりません。
        そして、広島のような惨事はこれを最後にしましょう。


       *平和への祈りの炎を絶やしてはなりません。
        平和へのリンクを張ってください。転載していただける方を募っております*
 
         管理人 吉祥天さんからの転載です。
                               

【転載】核廃絶を願って②~くる日も くる日も~

管理人 吉祥天さんからの転載です。 nagasakihibaku.jpg


             「くる日も くる日も」

             姉と小さな弟を焼く炎の前で

             私と母が立ちつくし

             そばに小学生の弟も

             うずくまっていました。

             けれど

             その母も、弟も

             十日と生きることができませんでした。

             生き残ったと思った多くの被爆者も

             原爆症にかかり

             その年の暮れまでに

             ばたばたと死んでいきました。


           (長崎・浦上町    撮影:松本栄一)

    -----------------------------------

      この悲惨な原爆の事実を、しっかりと目に焼きつけてください。

      戦争というものがどれだけの命を奪う

      愚かな行為であるかを唯一の被爆国である日本人こそ

      全世界にむけて訴えていくべきではないでしょうか。

      いままた、戦争の口火が切られようとしています。

      平和な世界には 核はいりません。

      あらゆる兵器もいりません。

      平和の祈りをあなたもしてください・・・・・・。

      ささやかな行動が大きなうねりとなることを信じて・・・・・・。



       *みなさまの転載をお願いします。平和のリンクをお願いします*

                             

地域医療の崩壊を招きかねない医師不足です

 下記の記事は、7月14日NIKKEI NETの配信です。
厚生労働省が今頃こんな認識とは怒りを通り越してあきれてしまいます。
しかも「週40時間」の法定労働時間ではなく、「週48時間」での算出です。医者も労働者です。
「週40時間」で算出すればもっと不足医師の数は大きくなるはずです。


医師不足は9000人・05年度厚労省推計
 地方の病院や産婦人科などの診療科で医師不足が深刻化するなか、厚生労働省が2005年度の医師不足数は9000人と推計していることが14日、わかった。

 同省の04年度調査によると、病院や診療所に勤務する実際の医師数は26万8000人。一方、05年度の勤務状況調査によると、医師が1週間あたり医療機関に滞在する時間は、病院で63時間、診療所で54時間だった。同省はこのうち、診療や教育、会議などの合計を労働時間とみなし、これを「週48時間」に短縮するには27万7000人が必要と推計。実際の医師数と比べ、9000人が不足しているとした。 (17:06)


厚生労働省は、現場の実態をもっと知るべきです。

「国の財政難を理由に相次ぐ医療費削減策が取られ、医療の高度化・複雑化に対応できないばかりではなく、百床あたりアメリカの6分の1に過ぎない医師・看護師数の更なる削減を余儀なくされ、医療従事者の過酷な労働環境による医療の質と安全性の低下が危惧される事態を招いている」「日本の医療は危機的である」(第26回日本医学会総会会頭の公開シンポジウムでの挨拶の一部です)

「医師不足」日赤病院の7割、小児科など深刻
 日本赤十字社が今年4月、全国で運営する91病院を緊急調査したところ、約7割の62病院が「医師不足のため十分な医療が提供できない」と回答したことが1日、わかった。不足数は計437人で、内科医の不足が最も多かった。産婦人科と小児科は計9病院が常勤医ゼロの深刻な状態で、一部の病院は休診を余儀なくされている。
 日赤は「グループ内で不足病院に医師を派遣するのにも限界があり、効果的な対策がない」としているが、公的医療機関としての日赤の病院の多くは、救急救命センターや高度医療の拠点病院などに指定されている地域の「中核病院」。医師不足が地域全体の医療体制に深刻な影響を与えている。

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

広島・長崎原爆投下記念日を前に~核兵器の緊急廃絶を!

 今年も暑い夏がやってきました。やがて8月6日広島、8月9日長崎に歴史上はじめて原爆が投下された日がやってきます。

 しかし、世界ではインド・パキスタンの核兵器保有に続いて、北朝鮮・イランの核兵器開発が取りざたされています。
 歴史上最悪の悪魔の兵器である核兵器は、廃絶に向かうどころか逆行の動きです。「しんぶん赤旗」7月14日は次のような記事を掲載していました。
 現実に目をそむけず、そしてひるまず、核兵器廃絶を目指す世界の人々と連帯して、核兵器の緊急廃絶を強く訴えていきたいと思います。


米ロ、5000発こす実戦配備
米国 1945年以来、7万発以上の核兵器を生産してきました。現在保有する約1万発の核弾頭のうち、5735発が実戦配備されていると考えられています。

ロシア 1949九年以来、5万5千発近くを生産し、現在1万6千発を保有。そのうち約5830発が実戦配備されていると推計されています。

英国 1953年から1200発生産され、1970年代の350発をピークに、現在200発の核弾頭を保有しているとされています。

フランス 1964年以来、1260発以上の核弾頭を生産し、現在は350発の核弾頭を保有しているとみられています。

中国 1964年以来、600発ほどの核弾頭を生産し、現在は200発ほどを保有しているとみられます。

インド 核弾頭60~100発分の核分裂物質を生産し、実際に組み立てられている核弾頭は50から60発とみられています。

パキスタン 核弾頭55~90発分に十分な核分裂物質を有し、実際に核弾頭に組み立てているのは40~50発とみられています。

 インド、パキスタンともに核弾頭を増産すると考えられています。

イスラエル 核兵器の保有を公表していませんが、1999年には60~80発の核弾頭を保有していたと推定され、現在では115~190発分の核分裂物質を生産しているとみられています。

(『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』誌などによる)


核兵器廃絶を求める世論はますます大きくなっています。
2006年核兵器廃絶の動き
1・1 ローマ法王の「世界平和の日メッセージ」。「自国の安全保障を核兵器に頼っている各国政府」を批判し、「段階的で協調を伴う核武装解除に努力する」よう求めた。

1月 スティーブ・フェッター氏(クリントン政権からブッシュ政権にかけ、米国の核政策を担当)のハンス・ベーテ賞受諾講演。「核兵器の禁止を核不拡散政策の最重要項目にすべきだ」

3・22 国際原子力機関(IAEA)エルバラダイ事務局長の講演。「核軍備縮小・撤廃努力の再強化」と、国連安保理が役割をはたすことを求めた。

4・17 ノーベル賞受賞者をふくむ米物理学者がブッシュ大統領に送った共同書簡。イランへの核兵器使用計画は、「核兵器使用の敷居を大幅に低下させ」、核不拡散の枠組みを大きく損ない、アメリカと世界の安全保障にとって破滅的な結果をもたらすと指摘。

4・24 レーガン政権で米ソ核軍縮交渉の責任者だったカンペルマン氏。米政権は、核兵器のない世界という“あるべき”姿の実現のため、国連に核廃絶決議を出すべきだと提案。

5・29-30 非同盟運動調整ビューロー閣僚会議最終文書。時間枠を明確にして核兵器完全廃絶のための段階的プログラムについての交渉を開始すること。核兵器廃絶の実際的な措置の検討のため、2010年NPT再検討会議に向け、補助機関の確立を。

6・1 国連のイラク査察の責任者だったブリクス氏など世界の有識者による大量破壊兵器問題の報告。アメリカの核政策は「核兵器使用の敷居を低くする危険」がある、「今こそ、核兵器を違法化すべきとき」と指摘。

6・14 アメリカ科学者連盟、米印核技術協定反対の書簡。ノーベル賞受賞学者37氏が署名。核保有国が「核兵器の合法性を否定し、さらに多く削減」することを求める。

6・17 ノーベル平和賞受賞者による「光州サミット」の「光州宣言」。核兵器保有国に全地球的な非核化、核先制使用をしないという法的約束の実現。

6・26 独・社民党主催の軍縮平和会議で、2007年にドイツが欧州連合(EU)と主要国首脳会議(G8)の議長国になるのを機に核軍縮問題を議題に(同党党首)。同党外相も核保有国に核軍縮努力を要求。

6・23-28 カナダのバンクーバーで開かれた世界平和フォーラムが平和へのアピール。「核兵器と大量破壊兵器とテロの廃絶のために努力」することを訴える。

額賀官房長官様~早速予測どおりの反応ですね

 北朝鮮のミサイル発射に対して「敵基地攻撃能力の検討を・防衛庁長官」という素早い反応です。
 確かにいま国際的無法行為を繰り返す許し難い金正日・北朝鮮です。
 しかし、「目には目を、歯には歯を」という単純な反応ではなく、国際協調しての国際ルールと国際的取り決めを守らせる外交努力を尽くす事が日本の役割だと思うのです。


NIKKEINET記事から引用
 額賀福志郎防衛庁長官は9日、記者団に対し、北朝鮮の弾道ミサイル連続発射を踏まえ、現在自衛隊が保有していない発射基地などへの敵基地攻撃能力について「独立国家として、一定の枠組みの中で、最低限のものを持つという考え方は当然だ」と述べ、憲法の範囲内で可能な装備を検討すべきだとの考えを示した。

 ただ「自民党、与党内での合意が必要だ」とも述べ、当面は自民、公明両党内の議論の進展を待つ意向を明らかにした。

 これに関連し麻生太郎外相は同日のNHK番組で「(核が)ミサイルにくっついて日本に向けられているのであれば、被害を受けるまで何もしないわけにいかない」と述べ、一定の条件の下で北朝鮮のミサイル基地攻撃は自衛権行使の範囲内との見解を示した。

 額賀氏は同日のフジテレビ番組で敵基地攻撃に関し「敵国が確実に日本を狙って攻撃的手段を持ち、ピストルの引き金に手をかけたようなときは、日本を守るため(攻撃の)判断が許されると解釈される」と述べた。


ところで「インド、核弾頭搭載できる長距離ミサイル発射実験に成功」に、世界はどう反応するのだろうか

がんばれ前田久仁子プロ

残念、無念、前田久仁子プロ。
ツアー初の首位で次の記事を書いてもらったんだけど・・・・。

(7/7)ツアー初の首位をはにかむ前田
 トップに立った前田は「良かったけど、ミスショットも何度かあった」。68をマークしたラウンドを、はにかみながら振り返った。
 5月にアイアンのクラブを取り換え、ショットが向上。つられてパットの調子も上がってきた。プロ7年目、ツアーで首位を奪ったのは初めてだ。
 昨年の賞金ランキングは44位。「集中力が足りない」「落ち込んじゃうタイプ」と自己分析する28歳は、初日首位にも初優勝への欲をまったく見せなかった。
〔共同〕

2日目イーブン、最終日5オーバー、トータル1オーバーで19位タイで終わりました。
最終日は風が強かったようだけど、自己分析の性格が出ちゃったのかな。
しかし、今シーズンは何とか1勝の予感がする。
頑張れ前田久仁子プロ。


060707maeda.jpg

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

許せん~金正日

 許せない。金正日。
6発で終わりかと思いきや7発目も発射してしまった。
自国民は圧政と飢えに苦しめながらミサイル発射とは。

何が目的か。ほっておかれそうになったので注目を集めるためか。
その意味では大成功だ。
死に体ブッシュ、期限切れ間近のコイズミのもとで弱者は苦しんでいる。
政治課題として真剣に議論しないといかんこの時期に。
あんたのミサイル発射で、テレビは朝からこればっかりだ。
大注目を集めている。当分は続きそうだ。

北朝鮮危機論は大いに高まった。
日米軍事同盟強化・米軍と自衛隊の一体化、ミサイル防衛に金を注ぎ込む絶好の口実だ。
ひょっとして、あんたの目的はこれか。
ブッシュとコイズミに「少し騒いでくれ」と頼まれたか。

外国人拉致に手を染め、自国民を圧制下におく独裁者・金正日。
必ずや北朝鮮民衆の手で葬り去られるだろう。
こんな独裁者が許されないことは、歴史的にも、近年東欧諸国でおきたことからも明らかだ。

憲法9条廃棄、軍備強化・軍隊必要論者に利用されないことを願うばかりだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。