吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国からの二つのニュース~地球温暖化防止

 地球温暖化と二酸化炭素排出との関係を認めない大独善魔ブッシュ大統領。同じ共和党でブッシュに近いと思っていた米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事が27日、州議会が承認した温室効果ガスの排出削減を義務付ける法案に署名しましたよ。
 人口で全米最大の同州を国に見立てると、温室効果ガスの排出量は世界12位。新法が実施段階に入れば排出削減効果も小さくなさそうだとのこと。これはシュワちゃんに拍手ですね。
           カリフォルニア州で全米初の温室効果ガス排出削減法成立

 一方で大独善魔ブッシュ政権は、なんと米海洋大気局(NOAA)が「地球温暖化がハリケーンの増加や強暴化の一因になっている」とする報告書を発表しようとしたところ、これを阻止された、と英科学誌ネイチャーが電子版で報じたではありませんか。地球温暖化を心配する世界中の人から大ブーイングを浴びせましょう。
 「テロとの戦い」に外国を恫喝しては巻き込むわ、自国の科学者を脅すわ、これが大独善魔ブッシュが世界に押しつけようという「自由と民主主義」ですね。
           ブッシュ政権、科学者に圧力? 温暖化報告書めぐり

 二酸化炭素排出の増加→地球温暖化→海水温度・海面上昇→アラスカ先住民居住地の永久凍土融解・大型ハリケーンの発生と襲来。大独善魔ブッシュ大統領は自国で進む深刻な被害にいつまで目をつぶりつづけるのでしょうか。 
 過去記事ですが下の記事も覗いてください。
           地球温暖化→今年もハリケーンが猛威の予想

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。