吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方紙の気骨

 以下は、地元の宮崎日日新聞、5月25日付け社説である。以前は朝日新聞を購読していたが、報道姿勢のあまりのひどさに地元紙に鞍替えした。紹介する社説だけでなく、さまざまな問題に対して権力におもねない地方紙の気骨を認識させられている。今後もこの姿勢を堅持してほしいと期待している。

以下 引用開始

 米軍再編法成立 国は「対米優先」の姿勢改めよ 2007年5月25日

 在日米軍再編への協力の度合いに応じて地方自治体に交付金を支給することなどを柱にした米軍再編推進法が参院本会議で可決、成立した。

 政府は昨年5月、米軍再編最終報告を米国と合意しており、同法に基づき再編の具体化に向け関係自治体と調整を本格化する。ただ、政府の合意優先による強行な再編手続きに関係自治体の反発は根強い。

 米軍戦闘機訓練移転の候補地となる新田原基地がある新富町など住民らの思いは複雑だ。沖縄の負担軽減に理解を示しながらも騒音、安全対策など不安は大きい。国は今後も地元の声に耳を傾けるべきで、法を盾に受け入れを迫るようなことだけは許されない。

■「アメとムチ」に反発■
 同法では、防衛相が関係自治体を「再編関連特定周辺市町村」に指定し(1)再編計画受け入れ(2)環境影響評価の着手(3)施設整備の着工(4)工事完了・運用開始―の4段階で「再編交付金」を上積みしていく仕組みになっている。特に負担が重い市町村には、公共事業での国の補助率もかさ上げする。

 このことは、受け入れを拒む自治体は冷遇されることを意味し、国が指定をちらつかせながら市町村に圧力をかける姿勢に「露骨なアメとムチの手法」と反発が出るのは当然だ。

 当面、再編計画の中核となる米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設で、政府は環境影響評価の前段と位置付ける事前調査に、海上自衛隊の掃海母艦も参加して着手した。

 国内の関係地の理解を得るよりも米国との合意内容を着実に実施することに重きを置いていると言わざるを得ない。今後、国と関係自治体との協議に影響を与える事態も懸念される。

■地元の理解に努力を■
 同法の基本理念に「駐留軍の再編に対する幅広い国民の理解が得られるよう配慮されなければならない」と明記してある。当然のことだ。では、国はこの理念に則っのっと てこれまで地元の信頼を得ながら手続きを進めてきたか、と言えば疑念はぬぐい切れない。

 米軍再編の政府間合意について、安倍晋三首相は先月末のブッシュ大統領との会談で着実な実施を約束。外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会でも、この方針を確認した。

 日米同盟関係のさらなる強化を訴える安倍首相としては、この基盤を揺るぎないものにするため政府、与党による法案成立を急いだとも思われる。

 参院では先月25日に審議入り、委員会での議論はわずか約16時間。立派な理念を掲げている割には、十分な審議が尽くされたとは言い難い。

 同法が成立した23日、新富町は住民向け説明会をスタートさせた。

 住民の間では、交付金に対する期待を示す一方、国の方針への協力度を値踏みするような手法には多くの批判の声がある。

 強硬に反対する人もいる一方、国策にある程度理解を示している地元住民もいる。しかし、こうした住民でさえ治安の悪化、安全性への不安を抱き、すさまじい騒音に耐えながらであることに国はもっと目を向けるべきだ。

 交付金対象指定や配分の基準も国は明確に示しておらず、地元に混乱をもたらす懸念もある。国は対米公約優先の姿勢を改め、基本理念にうたっているよう、基地を抱える地元の理解を得る地道な努力を怠ってはならない。

引用終わり
スポンサーサイト

改憲手続き法の成立と沖縄復帰35周年

 第二次世界大戦後、米国の支配下に置かれた沖縄が1972年5月15日に日本に復帰してから、今日で35年を迎えまました。
 私の生まれ故郷奄美大島・奄美群島が日本に復帰したのは1953年12月25日。沖縄の日本復帰は何とその19年も後のこと。ずいぶん長い間、現憲法のもとでの生活を拒絶されていたのです。

 日本復帰後、沖縄県民は、憲法の平和原則のもとで米軍基地がなくなり、平和な生活が訪れることを期待していたはずです。しかし、復帰後も基地は存続強化され、苦悩を背負わされつづけています。在日米軍再編による新たな強化も狙われている沖縄です。

 2006年3月末現在、沖縄の米軍基地は37カ所、23,668八ヘクタール県の面積の約11%、沖縄本島だけでは約19が基地に占領されているそうです。しかも、もっとも大きな割合を占めているのが、地球規模の殴りこみ部隊・米海兵隊だそうです。

 沖縄が返還された1972年以後、日本本土では米軍基地の約60%返還されたのに対し、沖縄では約18%。米軍基地構造に大きな変化はありません。
 基地の存在で産業が育たず、沖縄の失業率はつねに全国最悪。今年3月の完全失業率は7.5%で、若年者の場合は約15%に達しているそうです。

 憲法九条を「復帰の希望」にしてきたはずの県民に、昨日は安倍・自公政権による改憲手続き法の強行です。これが「美しい日本」の正体でしょうか。

「看護の日」に

 今日は「看護の日」でした。
 「看護の日」はフローランス・ナイチンゲールの誕生日に由来します。日本では1990年に制定されました。12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。

 看護師不足が深刻です。看護師不足は、医療・看護内容にも深刻な影響を及ぼしています。あってはならない医療事故が後を絶ちません。看護師がきちんと配置されていれば防げる事故が圧倒的に多いのです。看護師不足は、患者・国民がねがう、安心してかかれる医療を脅かしているのです

 いま、日本では、1人の看護師が昼は10人、夜は20人もの患者様を看ています。アメリカでは昼でも夜でも看護師1人に対し、患者5人です。日本は先進諸国の中でも、圧倒的に看護師が少ない体制です。
さらに看護の現場では、在院日数短縮や医療の高度化で、仕事量が急速に増え、短期間に濃密な仕事が求められています。限界をこえた過密労働のため、看護師は疲れきり、やめる人があとを絶ちません。看護師不足が加速し、現場はさらに深刻です。安全・安心の医療実現と看護労働改善のためには看護師の増員が不可欠です。

 昨年から「看護師を増やす署名にご協力ください」の署名運動を中心にナースウェーブが取り組まれました。昨年12月15日の参院本会議、19日の衆議院本会議で請願は全会一致採択されました。「看護師を増やしてください」の運動は国会をも動かし、今年に入って署名は100万筆を突破しました。

 しかし、厚生労働省や各都道府県での看護師需給計画の見直しは進んでいません。これからも「看護師増やせ」の運動が進められます。ご理解とご支援をお願いします。

高校野球部員に責任はない

 日本高校野球連盟が実施した日本学生野球憲章に違反するスポーツ特待制度に関する実態調査で、憲章違反の申告を行った学校は高知を除く46都道府県で計376校(7971人)だそうです。

 宮崎県でも加盟私立11校が申告しました。11校は19日開幕の県選手権大会地区予選への出場を辞退し、今月中の対外試合自粛を決める異例の事態となりました。

 そもそも今回の実態調査は、プロ野球西武の裏金問題に関与した専大北上高で野球部員の特待制度が発覚したことに端を発しましたが、えっ「特待生」ってルール違反なのというのが私の受け止めでした。

 事実、実態調査に際しては関係者の一部から「何をいまさら。多くの学校が実施していることは分かっている」との声も聞かれたそうですし、野球以外の多くの競技で取り入れられている実情とも合わせ、「半ば常識では」との見方さえあったそうですから。
 
 高野連は本当に知らなかったんですかね。今回の問題は、大人たちが長年奨学制度の規定をあいまいなままに放置してきた結果であり、犠牲となったのが純粋に夢に向かっていた選手たちです。

 出場辞退・対外試合自粛は、期限付きとはいえ真剣に練習に汗を流してきた選手たちは貴重な機会を奪われた上に、精神的にも大きな傷となったのではないかと心配です。

 今日は国会で次のような動きもありました。(NIKKEI NETから引用)
 伊吹文明文部科学相は7日午前の衆院教育再生特別委員会で、日本高校野球連盟に加盟する376校が日本学生野球憲章に違反するスポーツ特待制度を設けていた問題に関し「できるだけ生徒に被害が及ばないよう話をしたい」と述べ、特待生が大きな不利益を受けないよう高野連側に求める考えを示した。

 文科相は野球特待制度について「制度そのものが悪いとは思わない」と指摘。その上で「野球の能力のある者を集めて名をあげようとするのは、少し教育の本筋から離れている」と批判した。


 学校、高野連など関係者は、大きな夢の達成のために頑張っている野球部員の立場に立ってこの事態に対処しなければ選手たちは翻弄され続けるばかりです。
 
 高野連は10日に緊急理事会を開くそうです。
 日本高野連は制度を採用している加盟校に対し、奨学金などの解約同意書を5月末までに提出するよう求めているそうです。しかし、一律に奨学金などの給付を止めた場合、就学継続が困難な部員が出てくるのではないでしょうか。
 
 現実を直視し、誰もが納得するルールづくりをすすめてほしいものです。

がんばれ Dice-K

 拝啓 松坂大輔様
 昨日、はじめてあなたの登板試合をライブで観ました。
 イチローさんを相当に意識しているのでしょうか。初級ストレートはファウル。その後3球続けてボール。5球目、真ん中ストレートはファウル。フルカウントからの6球目ストレートが低めに外れファーボールとしてしまいましたね。その後もファーボール・デッドボール、エラーもからんで結局、打者10人、5失点となってしまいました。

 2回から4回はなんとか無失点。その間に味方レッドソックスが同点に追いつき、さらに2点を追加して勝ち投手の権利がかかる5回のマウンドへ。「勝利投手」を意識したのでしょうか。1アウト後に、四球から結局2失点。今日はこれまでで最短の5回降板となってしまいました。

 今日まで6戦。3戦目までは味方打線の援護はありませんでしたが、防御率はよかったです。しかし、4戦目のヤンキース戦以降、ファーボールから失点しています。多くの投手がファーボールから崩れていくのをよく観ます。投手にとってファーボールは鬼門のようです。

 昨日は6先発中、最悪の内容でしたが、あなたの実力はこんなものではないはずです。「MLBのバッター」を警戒しすぎているのでしょうか。
WBCの時のように、もっと強気にバンバンとストライクゾーンに投げ込んでください。あなたのボールは簡単に打たれるはずがありません。最高でも4割打者はいません。マウンドから打者を見下ろすくらい堂々と、自信をもって投げ込んでください。次回以降の登板試合に期待しています。

 今日はヤンキース対マリナースの試合をTV観戦しました。何とそれぞれ2人の日本人メジャーリーガーの先発出場です。井川投手は打ち込まれて5回途中降板でしたが、松井選手、イチロー選手、城島選手は、それぞれ活躍しました。MLBがますます面白くなってきました。あなたをはじめ日本人選手の活躍に期待していますよ。

 ところで、いま日本では「野球特待生」が問題にされているのをご存じでしょうか。大バッシングです。「野球特待生」という言葉はずいぶんと聞いてきましたので、野球がうまい選手の処遇として当然だと思っていました。義務教育を終えた高校生への処遇だし、ほかの競技でも「特待生」選手はいるでしょう。なんで今頃問題にされるのでしょうか。選手には責任のないはなしでしょう。高野連の善処を期待したいと思います。

 追伸 
 いま日本では憲法改悪手続き法となる「国民投票法案」の行方をめぐって緊迫しています。一方で、全国の各地域・職場・分野で「九条の会」が結成され、日本のここまでの発展の前提である、憲法9条を守ろうという世論が多数になってきました。

 平和でこそ野球やほかのスポーツも発展し楽しめます。大学野球の選手やプロ野球の選手が戦場で命を落とすような時代には二度としてはならないと思います。日本人メジャーリーガーのみなさんで「MLB日本人選手 九条の会」が結成されたら、平和を願う日本人の大きな励みになります。あなたをはじめ日本人選手に期待したいと思います。

 勝手なことを長々と書きました。お許し下さい。あなたの今後の快投・ご活躍をかさねて祈念いたしまして終わりといたします。

                                                     敬 具

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。