吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「徴兵制あってしかるべきだ」これが東国原知事の本音です。

なんとも許せない発言です。

我が宮崎県の東原英夫知事が28日、宮崎市の知事公舎で行われた県民との意見交換会=県民ブレーン座談会で「個人的には、徴兵制はあってしかるべきだと思ってるんです」と発言しました。

座談会は今回で11回目で、建設業協会青年部の12人が出席していました。県によると、東国原知事は若手育成に話題が及んだ際に発言したといいます。

東国原知事は座談会後、徴兵制発言の真意についての記者団の質問に対し、「徴兵制とか軍隊とかいうののではなく、若者にはある時期、規律を重んじるような機関で教育することは非常に重要だと思っている。道徳だとか倫理観だとか、そういったものの欠落が、今の規律の喪失につながっている気がする」と弁明しています。

恐ろしい考え方ですね。
「若者にはある時期、規律を重んじるような機関で教育することは非常に重要だと思っている」というんですから。(ご自分の過去の行動に対する反省でしょうか)
若者諸君、どう思いますか。

東国原知事は、3月16日に行った外国人特派員への講演後の質問で、個人的見解と断りながら、「従軍慰安婦を日本軍が強制連行したという証拠はない。当時、韓国は日本に併合されていたので、韓国の女性が日本に来て売春することは容易であった。彼女たちは、日本の兵隊の給与の何倍もの収入を得ていた」などと発言していました。

8月15日には、靖国神社を参拝しています。

県産品などのトップセールスなどで全国的に知名度を上げ、県民の支持率も相当に高いものがありますが、その考えていることの本質には、戦前回帰の危険なものが見え隠れしています。

今回の発言には、宮崎県民の一人として断固抗議します。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。