吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化防止~再生可能エネルギー開発を学ぶ

 地球の平均気温が2度上昇すると地球環境は後戻りのできない破滅的な状況になります。それを回避するためには、現在約380ppmまで上昇している大気中の温室効果ガスの濃度を、二酸化炭素換算で450ppm以下に安定化させる必要があり、世界の温室効果ガス排出量を、2050年までに1990年比で、およそ3~4割も削減しなければなりません。まさに一刻の猶予もない待ったなしの地球温暖化防止対策が求められているのです。

 現在、発電や自動車を動かすエネルギーは、温室効果ガス排出の源となる石油などの再生不可能エネルギーが中心です。しかし、その資源も下記の通り遠くない将来に枯渇することが明らかになっています。
             石油   残り可採年数 40~50年
             天然ガス 残り可採年数 40~70年
             ウラン  残り可採年数 約61年
             石炭   残り可採年数 約204年
 詳しくは、asukaさんのブログ 「資源枯渇 1」及び 「資源枯渇 2」をご参照ください。

 地球市民は、再生不可能エネルギー使用を出来るだけ抑制し、それに代わる再生可能エネルギーの開発を急がなければならないのです。その一つが下記のバイオマスです。

もともと生物(bio)の量(mass)のことであるが、今日では再生可能な、生物由来の有機性エネルギーや資源(化石燃料は除く)をいうことが多い。基本的には草食動物の排泄物を含め1年から数十年で再生産できる植物体を起源とするものを指す。エネルギーになるバイオマスの種類としては、木材、海草、生ゴミ、紙、動物の死骸・糞尿、プランクトンなどの有機物がある。バイオマスエネルギーはCO2の発生が少ない自然エネルギーで、古来から薪や炭のように原始的な形で利用されてきたが、今日では新たな各種技術による活用が可能になり、化石燃料に代わるエネルギー源として期待されている。総合エネルギー統計及び、電気事業法に基づく認可・届出の実績値によると、1998年度時点での一次エネルギー供給(58,910原油換算万kl)に占める新エネルギーの割合は1.2%(679.6)であり、その中に占めるバイオマスエネルギーの割合は68.7%(467.0)となっている。

 このバイオマスエネルギーの活用の増進を目指して 「バイオマス・ニッポン総合戦略」 が2002年12月に閣議決定されています。

 アメリカのブッシュ大統領は、1月31日、連邦議会において、2006年の施政方針を示す一般教書演説を行いました。この中で、大統領は、アメリカが抱える深刻な問題として、「石油依存症」を指摘し、原発推進を中軸とする「エネルギー高度化計画」の中で、食物繊維から自動車用エタノール燃料を作る技術開発にも取り組むとしています。

 ところが、バイオマスの一つであるエタノール燃料の生産に問題があるのです。 
 石油枯渇が現実のものとなるなか、石油価格が1バレル当たり40ドルを超えると、トウモロコシや小麦のエタノール燃料への転換や、大豆のバイオディーゼル燃料への転換が商業ベースにのるそうです。車社会である先進国にとって、トラック輸送用をはじめとする自動車用燃料の確保は死活問題です。そこで自動車用燃料だけは食料を加工してでも確保しようというのがエタノール燃料技術開発なのです。

 すでに石油不足に悩むブラジルなどでは、サトウキビ畑やエタノール抽出工場に膨大な投資が行われています。自動車大国・米国は、国内の自動車産業を維持するためにも自動車用エタノール燃料の開発へと乗りだそうとしています。

 世界の食料生産には限りがあります。このままでは車と人間が、限りある食料を奪い合うことになりかねません。自動車を所有する豊かな8億人のために、20億人の貧しい人々の食料となるべき小麦やトウモロコシ、大豆が自動車用燃料に加工されてしまうなどということが許されていいのでしょうか。

 米国では、すでに総生産量の7分の1に当たる3400万トンのトウモロコシがエタノールに加工されているそうです。米国の車社会は、莫大な量の石油だけでなく、カナダの小麦生産と同量、タイのコメ生産量の2倍にも相当するトウモロコシを自動車用燃料にしてはじめて成立しているのです。

 今後予想される地球温暖化の結果、世界の食料生産は大きな打撃をうけることになります。食料を自動車燃料に加工というのは、食料不足という世界の現状からしても間違っていると思いませんか。

data0203.gif

スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/105-b0300799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。