吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化防止~再生可能エネルギー開発を学ぶ~その二

 地球の平均気温が2度上昇すると地球環境は後戻りのできない破滅的な状況になることが予測されています。それを回避するためには、現在約380ppmまで上昇している大気中の温室効果ガスの濃度を、二酸化炭素換算で450ppm以下に安定化させる必要があり、世界の温室効果ガス排出量を、2050年までに1990年比で、およそ50%も削減しなければなりません。まさに一刻の猶予もない待ったなしの地球温暖化防止対策が求められています。

 まったなしの地球温暖化防止のためには、温室効果ガスの源になっている、石油など限られた再生不可能資源の使用をできるだけ減らし、再生可能なエネルギーへの転換を急がなければなりません。前回の記事では、代替エネルギーとしてのバイオマスを紹介しました。しかし、バイオマスの一つとして食料穀物からエタノールを抽出する方法については、食料確保との矛盾など大きな問題があることも提起しました。

 今回は、最も有力と言われる再生可能エネルギー・風力発電について紹介したいと思います。
 風力発電は、「風の力」で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝えて「電気」を起こします。風力発電は、風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換できる比較的効率の良いものです。
 風車は風の吹いてくる方向に向きを変え、常に風の力を最大限に受け取れる仕組みになっています。台風などで風が強すぎるときは、風車が壊れないように可変ピッチが働き、風を受けても風車が回らないようにします。風車は大きくすればするほど発電コストが下がるのが一般的です。現在ではプロペラの直径が60m以上にもなる1500KW級の大型風車が登場しており、さらに大型化が進んでいます。
                           新エネルギー財団 風力発電資料から引用

 脱原発を掲げるドイツの風力発電能力は、さすがに世界一です。2005年12月時点ですでに1842万キロワットに達し、100万キロワット級原発18基分の発電能力に相当するそうです。これにスペインの1002万キロワット、アメリカ914万キロワットが続いています。(世界風力発電協議会発表による2005年12月時点での世界の世界の風力発電事情)

 昨年1年間に世界で新設された風力発電能力は、大型原発10基分に相当する1176万キロワットにも達しています。EUは、1億8000万キロワットまで風力発電を拡大、アメリカも2020年には1億キロワットまで拡大する計画を発表しています。

 風力発電の発電コストは、普及に伴い大幅に下がっているそうです。世界風力発電協議会の推計では1キロワット当たり約13万円。100万キロワット級の原発は、建設費だけで3000億円以上かかるそうですが、運転開始後のメンテナンスや放射性廃棄物の処分に膨大なランニングコストがかかります。今や風力発電のコスト・パフォーマンスは原発を上回っていると言っても過言ではないそうです。

 しかし、残念ながら日本は、こうした世界の流れに完全に乗り遅れています。現在の日本の風力発電能力は123万キロワットで世界第9位。昨年日本で新設された風力発電能力は29万キロワットで全世界の新設能力の3%にも満たない状況です。国も電力会社も、国策としての原発建設や再処理―高速増殖炉開発などに膨大な予算を注ぎ込む一方、自然エネルギーの開発・普及にまともに取り組もうとすらしていません。脱原発、風力発電開発をすすめるドイツを見習って欲しいものです。
 2001年時点になりますが、 日本の風力発電マップを参照下さい。

 化石燃料にも原発にも依存しない持続可能なエネルギー開発は、すでに技術的にもコスト的にも十分に実用可能な段階に達しようとしています。
 50年後、100年後を生きる地球市民に、少なくとも現在の地球環境を継承するために、大量生産・大量消費・大量廃棄という経済成長主義からの転換を実現し、自然エネルギー開発を進めるべきではないでしょうか。

 ちなみに下記の図は、標準世帯からの温室効果ガス排出量です。電気が風力発電に代われば、「2050年までに50%削減」に大きく寄与できそうです。data1.gif
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/106-9ca4515a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。