吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の母の日~「MOM SAYS NO WAR」(ママは戦争反対よ)

 「母親は反対、戦争に反対」―米国の反戦女性団体コードピンクは母の日・14日の行動として、13日午後3時から首都ワシントンにあるホワイトハウス前のラファイエット公園を中心に24時間の「ビジル」(監視行動)を始めましたよ。ピンクのTシャツ、トレーナー、スカーフなど、ピンク色のものを身にまとった人たちが男性も含め全米各地から集まりました。

 まず13日、ホワイトハウス南側の「エリプス広場」で「MOM SAYS NO WAR」(ママは戦争反対よ)の人文字をつくりました。続いて公園の芝生に座っての「分科会」。イランと米国の関係や移民問題などのテーマで話し合われました。

 「ハロー・ホワイトハウス、ノー・モア・ウオー(戦争はもういやだ)」との司会者の掛け声で始まった夜のステージでは、1870年に米国の社会活動家ジュリア・ワード・ハウが起草した「母の日宣言」が読み上げられました。

 米国の母の日は、もともと平和を呼びかける日として提唱されたものだったんですね。「立ち上がれ、心あるすべての女性たち」「武器を捨てよ。人殺しの剣は正義を測るてんびんにあらず」という力強い朗読が響きわたったそうです。

 息子をイラクで亡くし、ブッシュ大統領に面会を求めているシンディ・シーハンさんもステージに登場。ホワイトハウスに向かって「あなた方に、もう私たちの子どもを取り上げさせない。私たちもあなた方の子どもには手を出さない。もし徴兵制を復活するなら、私たちは子どもを隠してしまいます」と訴え、喝さいを受けたそうです。

 米国の母の日は、もともと平和を呼びかける日として提唱されたものであることを初めて知りました。日本での「母の日」もこんな意義あるものであってほしいですね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/133-b6579a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。