吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政府も原発ではなく風力発電開発を!

NIKKEI NETからの記事です。
風力発電、米で急増・06年設備投資3割増の40億ドルへ
 原油・ガス価格の高騰などを背景に、米国で風力発電設備の建設ラッシュが始まったそうです。業界団体によると、2006年の設備投資額は前年比3割増の総額40億ドル超となり、追加される発電量は約3000メガワットと過去最高に達する見通しとのこと。発電コストの低下も進んでおり、代替エネルギー導入に前向きなブッシュ政権の支援策が建設を後押ししているそうですよ。

 テキサス州では米最大となる沖合の風力発電プロジェクトが動き出しました。投資額は総額10億ドルを上回り、メキシコ湾の1万6000ヘクタールに百基を超える風力タービンを建設するそうです。発電量は12万5000世帯分に相当する500メガワットを目指しているとのこと。


 京都議定書を批准しないブッシュ大統領、最大のCO2排出権国で許せない政権ですが、とうとうこの大独善魔ブッシュ大統領でさえ今年の年次教書では「石油依存症」からの脱却を訴えています。原発新設は評価出来ませんがバイオエネルギーや自然エネルギーなど化石燃料に依存しない代替エネルギー開発を訴えました。これに応える動きが上の記事でしょう。

許せますか 我が日本は相変わらず原発推進ですよ。
 日本政府が風力発電支援なんて聞いたことがありませんね。六ヶ所村の核燃料再処理工場稼働を始め、佐賀県玄海原発でのプルサーマル計画推進など、放射能汚染廃棄物の最終処理方法さえ化学的にも確立されていないのに、相変わらず巨額資金を必要とする原発推進です。

 海岸線の長い日本は、風力発電立地に適しているといわれています。現在は市民出資による風力発電などが進んでいますが、エネルギー資源を外国に頼る日本こそ政府が本腰をいれてとりくむ課題ではないでしょうか。

 私は、“STOP!再処理 ネットワーキング”に賛同し参加します。
 現在のネットワーカーズです。
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント

こんばんは!

牡猫COOさん、こんばんは。
相変わらず日本はだめだめですね。
しかし、アメリカの風力発電所は、
すごい規模ですね~。

  • 2006/05/22(月) 23:58:39 |
  • URL |
  • mako #JalddpaA
  • [ 編集]

コメントありがとうございます

MAKOさん、本来はエネルギー資源のない日本でもっともっと風力発電が設置されるべきですね。
原発は絶対NOと言い続けましょう。

  • 2006/05/23(火) 18:11:51 |
  • URL |
  • 牡猫COO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/136-5eec1907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。