吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島・長崎原爆投下記念日を前に~核兵器の緊急廃絶を!

 今年も暑い夏がやってきました。やがて8月6日広島、8月9日長崎に歴史上はじめて原爆が投下された日がやってきます。

 しかし、世界ではインド・パキスタンの核兵器保有に続いて、北朝鮮・イランの核兵器開発が取りざたされています。
 歴史上最悪の悪魔の兵器である核兵器は、廃絶に向かうどころか逆行の動きです。「しんぶん赤旗」7月14日は次のような記事を掲載していました。
 現実に目をそむけず、そしてひるまず、核兵器廃絶を目指す世界の人々と連帯して、核兵器の緊急廃絶を強く訴えていきたいと思います。


米ロ、5000発こす実戦配備
米国 1945年以来、7万発以上の核兵器を生産してきました。現在保有する約1万発の核弾頭のうち、5735発が実戦配備されていると考えられています。

ロシア 1949九年以来、5万5千発近くを生産し、現在1万6千発を保有。そのうち約5830発が実戦配備されていると推計されています。

英国 1953年から1200発生産され、1970年代の350発をピークに、現在200発の核弾頭を保有しているとされています。

フランス 1964年以来、1260発以上の核弾頭を生産し、現在は350発の核弾頭を保有しているとみられています。

中国 1964年以来、600発ほどの核弾頭を生産し、現在は200発ほどを保有しているとみられます。

インド 核弾頭60~100発分の核分裂物質を生産し、実際に組み立てられている核弾頭は50から60発とみられています。

パキスタン 核弾頭55~90発分に十分な核分裂物質を有し、実際に核弾頭に組み立てているのは40~50発とみられています。

 インド、パキスタンともに核弾頭を増産すると考えられています。

イスラエル 核兵器の保有を公表していませんが、1999年には60~80発の核弾頭を保有していたと推定され、現在では115~190発分の核分裂物質を生産しているとみられています。

(『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』誌などによる)


核兵器廃絶を求める世論はますます大きくなっています。
2006年核兵器廃絶の動き
1・1 ローマ法王の「世界平和の日メッセージ」。「自国の安全保障を核兵器に頼っている各国政府」を批判し、「段階的で協調を伴う核武装解除に努力する」よう求めた。

1月 スティーブ・フェッター氏(クリントン政権からブッシュ政権にかけ、米国の核政策を担当)のハンス・ベーテ賞受諾講演。「核兵器の禁止を核不拡散政策の最重要項目にすべきだ」

3・22 国際原子力機関(IAEA)エルバラダイ事務局長の講演。「核軍備縮小・撤廃努力の再強化」と、国連安保理が役割をはたすことを求めた。

4・17 ノーベル賞受賞者をふくむ米物理学者がブッシュ大統領に送った共同書簡。イランへの核兵器使用計画は、「核兵器使用の敷居を大幅に低下させ」、核不拡散の枠組みを大きく損ない、アメリカと世界の安全保障にとって破滅的な結果をもたらすと指摘。

4・24 レーガン政権で米ソ核軍縮交渉の責任者だったカンペルマン氏。米政権は、核兵器のない世界という“あるべき”姿の実現のため、国連に核廃絶決議を出すべきだと提案。

5・29-30 非同盟運動調整ビューロー閣僚会議最終文書。時間枠を明確にして核兵器完全廃絶のための段階的プログラムについての交渉を開始すること。核兵器廃絶の実際的な措置の検討のため、2010年NPT再検討会議に向け、補助機関の確立を。

6・1 国連のイラク査察の責任者だったブリクス氏など世界の有識者による大量破壊兵器問題の報告。アメリカの核政策は「核兵器使用の敷居を低くする危険」がある、「今こそ、核兵器を違法化すべきとき」と指摘。

6・14 アメリカ科学者連盟、米印核技術協定反対の書簡。ノーベル賞受賞学者37氏が署名。核保有国が「核兵器の合法性を否定し、さらに多く削減」することを求める。

6・17 ノーベル平和賞受賞者による「光州サミット」の「光州宣言」。核兵器保有国に全地球的な非核化、核先制使用をしないという法的約束の実現。

6・26 独・社民党主催の軍縮平和会議で、2007年にドイツが欧州連合(EU)と主要国首脳会議(G8)の議長国になるのを機に核軍縮問題を議題に(同党党首)。同党外相も核保有国に核軍縮努力を要求。

6・23-28 カナダのバンクーバーで開かれた世界平和フォーラムが平和へのアピール。「核兵器と大量破壊兵器とテロの廃絶のために努力」することを訴える。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/153-ecc15114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。