吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「対テロ、協力しなければ爆撃」と米が脅し・パキスタン大統領暴露

 訪米中のムシャラフ・パキスタン大統領は21日、米CBSテレビとのインタビューで、2001年の同時テロ後、米政府から対テロ戦で米国に協力しなければパキスタンを爆撃すると脅しを受けたと暴露しましたよ。
 ムシャラフ大統領はパキスタンの情報長官が当時のアーミテージ米国務副長官から「爆撃される準備をしておけ。石器時代に戻る準備をしておけ」と言われたと説明。副長官はパキスタンがアフガニスタン国境付近に持つ基地を米軍に引き渡し、国内の反米感情を抑えることなどを要求したというではありませんか。 あの体格、脅し顔を真っ赤にしてで迫ったんでしょうね。
         「対テロ、協力しなければ爆撃」と米が脅し・パキスタン大統領暴露

 アーミテージといえば、「ショー・ザ・フラッグ(日の丸を見せよ)」(テロ対策特措法)、「グラウンドに降りてプレイに加われ」(イラク特措法)、「日本はイラク復興支援から『逃げるな、茶会じゃない』」と、さんざん日本にも脅しをかけてきた人物である。

 あげくの果てには、2004年7月21日、訪米中の自民党・中川秀直国対委員長との会談で個人的見解と断ったとはいえ「日本の国連常任理事国入りに憲法9条が妨げになっている」、「日本が常任理事国入りするなら、平和時において軍隊を派遣(派兵)できることが条件」という主旨の発言まで行っている。

 大独善魔ブッシュといい、アーミテージといい、「自由と民主主義」を振りかざしながら、他国をふみにじる、まさに「国家テロ」の首謀者だ。こういうのに尻尾をふって付き従った忠犬小泉、そしてこれを踏襲するという安部。米軍基地再編への対応など、日本は独立国ではなくいまだ占領状態が続いているとしか思えない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/180-4333ea96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。