吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確実な安全対策は九条

 「九条の会」の呼びかけ人の一人で、「医療者の会」も呼びかけた加藤周一さんの発言を紹介します。加藤周一さんは、評論家、作家でもあり、医師でもあります。「平和問題について考えるとき、病気の症状と病因を考える医療の考え方を使うことは有効です。」と、医療者に語りかけています。
 
 宮崎県でも「みやざき医療者の9条の会」が結成されています。加藤周一さんの言葉をしっかり受け止め、憲法9条を守る運動をすすめていきたいと思います。


           確実な安全対策は九条だから私は守りたい

 チャップリンの映画に「人を一人殺せば殺人者だが、万人殺せば英雄だ」という皮肉を込めた言葉が出てきます。戦争は人殺しです。医療者が大切にしている生命が、戦争では何千何万人も奪われます。

 憲法九条の「平和主義」の価値観のひとつは「生命の尊重」であり、医療と共通します。医療と戦争は結びつきません。

 かといって、医療者であることは「戦争反対」と直結していません。それを現実に結びつけることが重要だと思うのです。ためらわず、あくまで生命尊重を言い続けることができたとき、医療者は平和主義者になります。

 平和問題について考えるとき、病気の症状と病因を考える医療の考え方を使うことは有効です。

 イラク戦争で子どもが殺されている。それを止める努力は対症療法で、戦争自体の原因を取り除くのが根治療法です。両面の対策を考えることが医療者には可能です。

 最近、中国で反日デモが起き、日本大使館に投石されました。この事件で、日本側は「ガラスが割れて損害が出た」という症状を、中国政府は歴史認識という病因を、問題にしました。原因に正対しない限り何べんも同じことが起こります。

 また医療者は、希望と現実の違いを見極めることも得意です。病気をどんなに治したくても、治るかどうか事実判断をし、適切な対処をします。希望的観測だけで行動しません。戦時中、私は内科医として病院で働いていました。米軍が迫り東京も爆撃される状況で、ラジオのニュースに、私は「来たか…」といったんです。すると同僚が「そういうのは敗北主義だ」というのです。「敗北の可能性が高いと考えるのは、敗北を望むのとは別だ」と反論しましが…。

 病気は早く発見、早く治療するほどよい、予防するのはもっとよい、と医療者は考えます。医療は個人ごとですが、「予防衛生」は大勢の人を病気にならないようにできます。

 戦争も始まれば面倒で、損害が大きい。戦争をしないのが一番です。

 たとえば日中関係は、一九七二年に田中内閣が国交回復を果たした前と後で、ガラッと変わりました。

 以前は、中国をソ連と並ぶ脅威とみなし、自衛隊を増強して、米国の最新式の高価な戦闘機を買いこんでいました。しかし、中国が脅威でなくなったのは、戦闘機のおかげではなく、外交の成果です。費用も東京と北京の運賃程度、軍備増強よりもずっと安あがりです。

 そして最も確実な安全対策となるものが憲法九条です。だから私は九条を守りたいのです。

 日本の世論は割れています。どうしたらよいか。すでに「九条の会」を始めていますが、味方を増やすこと、賛同者を増やすことが一番です。

 特に医師に提案したい。患者との一対一の付き合いを生かし、診察室でない場所で出会った患者さんに九条の話をしてはどうでしょうか。

 「九条を変えても良い」という人を前に、演説しても考えを変えることは難しい。新しい味方をつくるには個人対個人で、それも一晩くらいかけなければなりません。医師はそれができる職業だと思います。

 思えば、江戸時代には医者は学者や教師を兼ねていました。それは長い伝統としていまも共同体のなかに生きています。病気の話をして、ちょっと憲法の話もするというのは、学問と文化の歴史の味わいがあります。

 一人でも二人でも九条を守る方に、人を変える仕事を医師がしてくれれば、とても心強い。その時間はまだあると思います。

 加藤 周一さん
(医師・評論家・作家)
 1919年、東京生まれ。東大医学部時代から文学に心を寄せ、医業のほか、上智大学や立命館大学、カナダ、ドイツなどの諸外国の大学でも教べんをとるかたわら、詩、文学評論、小説を執筆。『加藤周一著作集』『日本 その心とかたち』など著作多数。

スポンサーサイト

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2015/09/08(火) 18:31:17 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/19-45785346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。