吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストップ地球温暖化~米欧からのニュース

 牡猫COOにとっては嬉しいニュースです。
 
 まずはアメリカからのニュースです。
 世界各地の100を超える企業や団体、研究者らが20日、地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガスの削減は緊急課題だとして、各国政府に対策を求める共同声明を発表しました。2012年までの削減目標を定めた京都議定書以降の、大胆な取り組みを求めています。

 共同声明は、米コロンビア大学・地球研究所が創設した「気候変動についての地球円卓会議」(議長ジェフリー・サックス同研究所所長)が発表したもので、ゼネラル・エレクトリック(米国)、保険大手のアリアンツ(ドイツ)、フランスの航空会社エールフランス、スウェーデンの自動車産業ボルボ、日本のリコーなどの国際的企業が署名。また宗教、環境、市民団体や研究機関のほか、広範な個人が名を連ねています。

 声明は、各国政府に対し、国連気候変動枠組み条約がうたう温室効果ガス削減の必要性に従って「科学的な情報に基づく目標」を設定するよう呼びかけました。温暖化対策は、「新しい持続可能なエネルギー戦略の採用にかかっている」と述べ、化石燃料依存から抜け出す国際的な「統合した努力が求められる」と強調しました。

 そして同じ20日発EUからのニュースです。
 欧州連合(EU)の環境相理事会が20日、ブリュッセルで開かれ、2020までに二酸化炭素などの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を1990年比で20%削減する目標で合意しました。来月のEU首脳会議で正式に決定される見通しだそうです。

 今回の合意は、温室効果ガスの排出量を90年比で8%削減することをEUに課した京都議定書の期限が切れる2012年以降の対策を視野に入れたものとのこと。他の先進国が同様の努力を図れば、2020年までのEUの削減目標をさらに30%に引き上げるとしています。

20世紀半ば以降に観測された世界の平均温度の上昇は、人為起源の温室効果ガス増加に原因があるとする確率は90%を超す

21世紀末までに温暖化はさらに進む。世界の平均気温は、20世紀末に比べ、循環型社会を実現した場合で約1.8度上昇、高い経済成長で化石燃料に依存した場合だと約4度の上昇を予測 

 国連「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の第1作業部会が、上記のように地球温暖化の進行を科学的に予測した第4次報告書をまとめ発表したのが2月1日でした。
 地球温暖化防止は企業も宗教団体も環境団体も市民団体も研究機関も、そして何よりも各国政府が第一義的に取り組むべき課題です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/212-d796e314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。