吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親・女性は平和を願う~宮崎県母親大会

 昨日は、宮崎県母親大会の記念講演を紹介しました。母親大会そのものを紹介しないと怒られそうです。

 2007年 宮崎県母親大会が昨10日に開催されました。参加費1000円なんですが、県下から多くの母親・女性、男性、子どもたちが参加していました。感心しますが、毎年よく集まるものです。
 午前中は、「みんなで楽しくあそぼう」「子育てなんでもQ&A」「古布を使いこなそう」「ヨガでリフレッシュ」「安全な食品の選び方」「DVD鑑賞会」「世代を超えて語り合おう」「歌声喫茶」の8つの分科会。どの分科会もいっぱいでしたね。

 午後は、若者たちのアフリカン太鼓で幕開け、昨日紹介した窪島誠一郎氏の「無言館のこと」というテーマでの記念講演でした。

hahaoyataiko.jpg

kubosima.jpg


 そして、県下各地での母親運動の紹介があり、最後に下記の大会アピールが採択されました。

                    大会アピール

 今年は憲法施行60年の年です。
戦争を放棄し、国民一人ひとりを大切にして平和な未来を約束する道しるべとしての日本国憲法は、60年間、平和な日本をつくる「最高法規」として、また、戦争のない世界をつくる憲法として人々を励ましてきました。
 国民多数の反対を押し切って改悪教育基本法を成立させた安倍首相は、年頭所感の柱に「憲法改正」をあげました。自民党の憲法草案が示すように、アメリカとの軍事同盟を楯に、日本がアメリカと一緒になって「戦争のできる国」にすることは許されません。かつて「お国のため」とわが子を戦場に送った日本の母親は、その痛恨の思いを決して忘れていません。「お互いの息子同士に殺し合いはさせません。戦争に反対します」と世界母親大会で交わした約束を今こそ果たすためにも、平和憲法を守りぬかなければなりません。

    “生命(いのち)を生み出す母親は 生命(いのち)を育て 生命(いのち)を守ることをのぞみます”

 母親大会はこのスローガンのもと、「戦争から平和を守り、憎しみから友情を守り、死から生命を守る」ため、母親・女性のあらゆる願いを持ち寄り「集まれば元気、話し合えば勇気」と交流し、学び、行動し、仲間の輪を広げる場として、運動を積み重ねてきました。
 生命(いのち)こそ宝。しかし、いま残念なことに、いのちが粗末にされています。イラク戦争での虐殺をはじめ、未曾有の災害や事故、そして、いじめによる子どもの自殺など胸の痛む事件が多発しています。さらに、私たちの暮らしは急速に悪化し、貧困と格差が拡大しています。どんなに働いても不十分な収入しか手にできない「ワーキングプア」の急増、社会保障の改悪や庶民大増税が苦しい暮らしに追い打ちをかけているなど、私たちはさまざまな困難に直面しています。この宮崎県母親大会が、暮らし、福祉、平和を守る運動の場となり、厳しい情勢を切り拓き、平和を築く大きな力になることを願います。
 「母親が変われば社会が変わる。みなさん、がんばりましょう!」と絶唱した河崎なつ子初代母親大会委員長、「私たちは永遠に絶望しない」と平和への行動を励ました平塚らいてうに続く勇気と行動で母親運動の初心を重ね行動していきましょう。

                                              2007年 宮崎県母親大会
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/222-88da0182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。