吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバル経済・新自由主義の行き着く先は

 「ミートホープ」の食品偽装、底が知れませんね。

 牛ひき肉といいながら混入されていたのは、豚、鶏、豚の内臓、鴨、羊など、さまざまな肉に及び、。国産といいながら外国産肉を混入させたり、豚ひき肉の発色が悪いと牛の心臓を混入。

 ひき肉を偽装するだけでなく、大手食品会社北海道加ト吉から不当に仕入れた賞味期限切れの冷凍コロッケを期限を偽って販売。大手鶏肉販売業者の包材を大量に入手して鶏肉を販売。
 化学調味料まで混ぜ込み、出荷後に取引先から「色が抜けた」「くずのようなものが混入している」などのクレームがつくと、そのたびにすぐ謝罪して出荷品を回収し、過失を前提に契約した賠償保険金で費用をまかなうことを保険会社を替えながら行う。

 まだまだ何が出てくるのか底がしれません。明らかに犯罪としかいえないことまで行っているではないか。

 しかし、腑に落ちないのは、社内の関係者によって一年以上も前に内部告発があったといわれるのに、監督官庁の農林水産省と北海道庁がなんら手を打たず、お互いに責任をなすり合っていることだ。内部告発にどう対応したのか、業者との癒着や圧力はなかったのか、行政側は徹底して明らかにすべきだ。

 コスト削減追求で100名を超える人の命を奪ったJR西日本の脱線事故、マイホームの夢を打ち砕いた耐震偽装、介護・福祉も食いものにするコムスンなどなど、グローバル経済・新自由主義のもとでルール無き企業行動が蔓延している。そして今度の食品偽装である。

 グローバル経済・新自由主義のもとで日本の農業は壊滅状態。食料自給率は40%台である。「安全・安心」を言いながらいまや生協でも低価格を追求している。国民・消費者もそろそろ考えるべきではないか。「安全・安心」を得るにはコストがかかることを。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/224-dbb6d317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。