吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療・介護・福祉にもっと税金投入を!

 NHKが6月27日(水)に放送したクローズアップ現代「苦悩する介護施設~医療制度改革の波紋~」を視聴した。

 以下は、NHKから引用した番組紹介。
………………………………………………………
 「医療制度改革」がスタートして1年あまり。その陰で今、介護現場に異変が起きている。本来なら、病院に入院すべき重い症状の高齢者が、介護施設に次々と入所しているのだ。施設の中で、入所者の容態が急変し、心肺停止に陥るなど、命に関わる事例も報告されている。介護施設は、医療を主目的としていないため、病院に比べて医療体制が整っていない。現場の医療スタッフは、危うい綱渡りを強いられている。また、長期間、重症の高齢者を抱えることで、施設の経営も苦しさを増している。高齢者のケアの場を、「医療」から「介護」に移し、医療費の抑制をねらう制度改革。その狭間で、苦悩する介護現場の実情を浮き彫りにする。
………………………………………………………

 番組は医療・介護・福祉現場の一端は伝えているが、現場はもっと厳しい状況に置かれている。小泉の医療費抑制政策で診療報酬は下がり続け、その上にさらに医療費削減を目的する「医療制度改革」の実施である。介護報酬は制度発足以来、ずっと下がり続けている。これでは、医療従事者や介護・福祉従事者の待遇改善などとても出来ず、そのうち人がいなくなってしまうだろう。医療・介護の崩壊は目前だと危機感を強めている。

 かつてイギリスはサッチャー政権時代、今の日本と同じような医療費抑制政策を進めた。結果、どうなったか。医者は外国に逃げ出し、ガンの手術でも1年待ちは当たり前、まさに医療が崩壊した。ブレア政権になって医療費を増やす政策に転換したが、いまだに正常な状態には回復していない。

 日本の医療費は決して高くない。OECD加盟国のGDP比医療費比較があるが、日本は21位なのである。しかも国から医療への支出は24%、8兆円足らずである。一方で患者負担は、欧州各国が原則無料に対し、日本は2割~3割と突出した高負担を強いられているのである。

 先進7カ国合計より多い公共事業費、全額税金支出の30兆円の無駄をなくせ、社会舗装国日本を社会保障国へ。米軍への思いやり予算をゼロにし、米軍再編への税金出を止めて医療・介護・福祉にまわせ。

 いまのままでは確実にイギリスの二の舞、いやもっとひどい状態になるでしょう。医療・介護・福祉にもっと税金投入を! 声を大にして言い続けます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/225-adaf3f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。