吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀北高 すごいですね やりましたね ミラクルでしたね

私は17日、「県立の佐賀北高は延長15回・引き分け再試合を突破してのベスト8です。何かをおこしそうな予感もします。」と書きました。

なんとなんと大的中、4081校の頂点にたち深紅の大優勝旗を手にしましたよ。

準々決勝で優勝候補の一校とみられていた帝京高校戦で、再三のピンチをしのぎきって、延長13回2死から番狂わせを起こし、帝京の選手に「佐賀北は甲子園で多くの試合をやっている分、慣れてきている。相手の勢いが上だった」と言わせた佐賀北高校。

この試合結果から、私の「予感」はさらに大きくなりましたが、まさか頂点に立つとは。

今日の決勝戦も、広陵高校に2回に2点を先制され、その後も一方的に押されてピンチの連続。
好守備を重ねて何とか得点をしのいできたが、7回に2点を追加されて4対0。

佐賀北高は、7回まで1安打しか打てない。広陵高校の2点追加で万事休すと思いきや、8回、1死から連打と2四球でまず1点。さらに3番副島君が左翼席に飛び込む劇的な逆転満塁本塁打を放ち、5―4と試合をひっくり返したのである。

ここまでの佐賀北高の試合ぶりを観ていて(結果を聴いて)思うのは、なんとも守備力の強いチームということ。心・技・体でいうと、心(精神力)の強さをつくづくと感じる。

今年の夏の甲子園もさまざまなドラマをみせてくれました。高校野球ファンの一人として感謝、感謝です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/232-735ed762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。