吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュゴン調査せよ! 米国のサンフランシスコ連邦地裁から米国防総省への判決です

dugong01.jpg


 米国のサンフランシスコ連邦地裁は24日、米国防総省にたいし、沖縄県普天間基地の移設先とされる名護市辺野古沖に生息するジュゴンへの影響調査を実施していないことは文化財保護法違反であるとして、影響調査を求める判決を出しました。

 この裁判は日米の環境保護団体などが文化財保護法に基づいてジュゴンの保護を求めていたもので、米国外での同法の適用が認められたのは初めてのことです。

 判決は、ジュゴンについての情報や普天間の代替施設がもたらす影響について、国防総省は評価や検討した証拠がないとして、文化財保護法に違反していることを認定。「計画は国防長官らによる最高レベルの承認を得ているのに、ジュゴンへの影響はよく理解されていない」「国防総省が法に基づく義務を履行するのを建設前夜まで待つことはできない」として、ジュゴンへの影響調査についての文書を九十日以内に出すよう求めました。

ジュゴンは、イルカやアザラシ、そして私たち人間と同じ哺乳動物の仲間で、昔から人魚伝説のモデルとして親しまれてきました。かつては大西洋を除く熱帯、亜熱帯の海に広く生息し、沖縄付近にもかなりの数がいましたが、今では日本近海などでその姿を見ることはほとんどありません。現在は生息数が減少したため国際保護動物に指定されています。

沖縄普天間基地は国内移転ではなく廃止すべきです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/257-21e01020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。