吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッシュ大統領 地球温暖化より軍事が大事

 米国のシンクタンク政策研究所は1月31日、ブッシュ政権が軍事費にばく大な予算をつぎ込む一方、安全保障の一環となる温暖化対策にはわずかな予算しか充ててないことを指摘する報告書を公表しました。世界一の軍事費を使いながら、温暖化対策に消極的な同政権の姿勢を批判しています。

 報告書は、2008会計年度(07年10月~08年9月)の米国の軍事予算が6475億1000万ドル(約68兆6361億円)だったのに対し、温暖化対策は73億7000万ドル(約7812億円)だったことを紹介。これは「気候を安定化させるために1ドル充てるごとに、軍隊による安全保障確立に88ドル使われる」ことを意味していると強調しています。

 「対テロ戦争」のために軍事費が膨らんでいることを踏まえ、「テロリズムは深刻な問題であるが、われわれを取り囲んでいるものではない。一方、気候変動の影響は違う」と述べ、温暖化が安全保障に与える重大性を指摘しています。

 さらに「気候変動は地球規模の問題であり、国際協力なくしては解決できない」と強調。08会計年度の米国の対外軍事支援は95億ドルに上る一方、温暖化対策の技術支援は2億1200万ドルで、98対2の比率となっており、温暖化対策での国際的技術支援がわずかでしかないことに疑問を呈しています。

 しかも温暖化対策の技術支援は「その規模と同様、対象も疑わしい」と指摘。半分近くの予算が、石炭を燃料とする現存の火力発電所がもたらす被害を軽減することに費やされ、「環境に害がなく再生可能なエネルギー源への転換支援」に使われていないと批判しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/265-d7c846f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。