吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄米兵による少女暴行に満身の怒りをもって抗議する

 2月10日、沖縄県北谷町で米海兵隊員が中学3年生の女子生徒に暴行を加える事件が発生した。この犯罪は、人間として許されざる破廉恥きわまりない暴行事件であり、満身の怒りを持って抗議する。さらに、米軍当局ならびに関係者に対し、法にもとづく厳しい処罰と、再発防止のための厳正な措置をとることを合わせて要求する。

 1995年の沖縄での少女暴行事件のあと、米軍は犯罪を繰り返さないと約束し、綱紀粛正や軍人教育にとりくむと約束してきたが、その後も米兵による凶悪犯罪はあとを絶たず頻発している。最近だけでも2006年1月の神奈川県横須賀市での女性強盗殺人事件、2006年10月の長崎県佐世保市での女性殺人未遂事件、2007年10月の広島市での岩国基地所属隊員による女性暴行事件と凶悪犯罪が繰り返されている。
 
 政府は米軍に綱紀粛正と再発防止を求めていくとしているが、以上の経過が示すように政府の方針では米軍犯罪をなくし、国民の安全を守ることはできない。
 米軍に基地を提供し、米軍駐留を求める限り凶悪犯罪はなくならない。米軍基地をそのままにしていては犯罪を防ぐことはできない。国民の安全を守るために、犯罪の元凶である米軍基地は撤去すべきである。

 米軍基地再編などの基地恒久政策に反対! 米軍基地撤去・縮小を急げ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/268-64d8fa1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。