吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月になりました。山笑う季節です。

 4年に一度のうるう月が明けて3月になりました。3月に変わったばかりの今朝の宮崎は暖かい朝でした。まだまだ寒の戻りがあるかもしれませんが、「やよい」という響きもあってホットする気分になります。そんな私の気持ちを察したようなコラムが今朝の地元新聞に載っていました。引用して紹介します。読んでみて下さい。

引用開始
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「山笑う季節」 宮崎日日新聞コラム くろしお 2008年3月1日

 「如月(きさらぎ)」は「衣更着」とも書き、衣服をさらに重ね着する、それほど寒い月を意味するという説もあるが、広辞苑によるとこれは誤りで、草木が再び生き返る月を表すという。

 そんな2月から季節のバトンが3月「弥生」に渡った。弥生の「弥」はこれも広辞苑によると、「いよいよ」「ますます」という意味があり、3月は2月に生き返った草木がますます盛んに成長する月ということになろう。きょうからその3月、いよいよ春である。

 弥生の声を聞くと、いつも思い出す言葉がある。それは季語にもある「山笑う」。これから山桜が咲き始めると、山全体がまるで冬の重たい衣を脱ぎ捨てて歌うように、踊るように動きだす。その開放感、躍動感が「山笑う」にぴったり。

 同じような山の季語は夏、秋、冬にもあって夏が「山滴(したた)る」、秋が「山粧(よそお)う」、冬が「山眠る」。いずれもその季節の情景を優しく、的確に描写していて、いかにも「四季の国日本」らしい。この中でも「山笑う」には季節感がそのままに表れ、ほんのりとして心が和む。

 ただ今年は2月に最低気温が零度未満の冬日が10日もあり、平均気温も6・5度と1986(昭和61)年以来、22年ぶりに7度を下回った。この寒さに山桜の開花も遅れ気味。「山笑う」までにはもうちょっと時間がかかりそう。

 本県はまだだが、関東地方ではすでに「春一番」が吹いた。春の使者に先を越されて少しばかり気がもめる。それでも確実に春の足音は近づいている。きょう、あすは天気もよく、気温も上がりそう。野山に春を探しに出かけてみようか。

引用終了
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/280-16e9343c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。