吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク、アフガニスタンに派遣された米陸軍兵士について、派遣回数が増えるほど精神疾患にかかる割合が高くなっていることが分かりました。

 イラク、アフガニスタンに派遣された米陸軍兵士について、派遣回数が増えるほど精神疾患にかかる割合が高くなっていることが分かりました。陸軍が7日、調査結果を明らかにしました。

 調査は陸軍の「精神衛生諮問チーム」によるもので今回が5回目。イラク、アフガニスタンに派遣された約3000人の兵士が対象となりました。

 その結果、派遣回数が3、4回で、精神的な問題を抱えていた兵士は27・2%。これは1回の派遣(11・9%)、2回の派遣(18・5%)を大きく上回っています。

 その理由について、同チームの責任者ポール・ブリーズ中佐は「兵士らが完全に回復する前に戦場に戻っている」からだと説明。帰還してから次の派遣までの期間が短すぎると指摘しています。

 陸軍は現在、イラク、アフガニスタンへの派遣期間を通常の12カ月から15カ月に延長。ところが帰還してから次の派遣までの「在郷」期間は12カ月のままです。ブリーズ氏は「もし15カ月間派遣されるのであれば、15カ月の『在郷』が必要と感じるのは当然だ」と指摘しています。

 また2007年に派遣された兵士のうち、精神疾患にかかっていたのは17・9%。これは前年の19・1%を下回ったものの、依然高い数字だといいます。

 今回の調査結果にも、イラク、アフガニスタンへの派兵長期化が兵士の心をむしばんでいることが示されています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/284-4028f3c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。