吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性犯罪は軍隊の本質に根ざすもの 米軍の基地撤退・退去こそ解決の道です

2008/03/18 1452号                     (転送紹介歓迎)
[JCJふらっしゅ]

米軍関係者が関係した性犯罪 2688件

 米国防総省が14日発表した米軍関係者が関係した性犯罪についての報告書によると、2006年10月から2007年9月の間に2688件の性犯罪が発生し、その60%が性的暴行だったこと、また、全体の72%に被害者として米軍関係者が含まれていたことなどがわかった。112件がイラク駐留兵士、19件がアフガニスタン駐留兵士によるものだった。

 国防総省は、報告期間算定基準の変更で前期の数字と直接比較することはできないが、事件件数に大きな変化はみられないとしているという(→AFP)。ブッシュを戦犯として裁く必要だけでなく、米兵駐留に伴う犯罪行為の多発に対しても、「米軍はここから出て行け」の声を各地から挙げていく必要が高まっている。
 地位協定の根本的な見直し・改定が待ったなしの状況だ。

米軍関係者が関係した性犯罪、2007年度は2688件・国防総省報告(AFP)
http://www.afpbb.com/article/politics/2364942/2740387


 イラク戦争に従軍した女性兵士を取材したアメリカのジャーナリスト、ヘレン・ベネディクト氏は、現地では、女性兵士がレイプされる危険性があるので、新しく着任した女性兵士には、上官はきまって「トイレやシャワーには1人でいかにように」と指示していると報じています。

 多くの女性学、ジェンダー研究に携わっている専門家が指摘してるように、兵士の性犯罪は、性欲にもとづく突発的な作為ではなく、力によって相手を精神的にも肉体的にも傷つけ、恐怖を植え付け支配する手段にほかなりません。若桑みどり氏(千葉大学教授)は、「強姦がもっともその威嚇装置としての機能を爆発させる場、それが戦争である」と述べています。

 2月に沖縄でおきた女子中学生暴行事件をはじめ、この間に日本で引き起こされた米軍人による性犯罪、事件、事故は米軍の基地と米軍人が存在するために必然的に起きたものでしょう。

 3月23日には、女子中学生暴行事件をはじめ、相次ぐ米兵の性犯罪、事件、事故に抗議して「米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する県民大会」が沖縄で開催されます。

 米兵犯罪は、「綱紀粛正」や「教育」では根絶できません。米軍の撤退、基地撤去こそ、沖縄から、そして日本から米兵の犯罪や事故・事件をなくす根本的な道です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/291-734859a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。