吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄執のブッシュ大統領 まだ戦争を続ける決意表明です

【3月20日 AFP】イラク戦争開戦から5年目を迎えるにあたり、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領は19日、国防総省で演説を行い、イラク戦争開戦の正当性を主張した。さらに、この戦争に勝利することをあらためて強調し、撤退の意思がないことを明言した。

 ブッシュ大統領は、「開戦から5年がたち、この戦争を戦い、勝利する価値はあるのか、勝利することは可能かという議論があるのは理解できる。だが、答えは明白だ」と語った。

 また、サダム・フセイン元大統領にも言及し、「フセイン大統領を追放したのは正しいことだった、そして、この戦争は米国が勝利しなければならない、またそれが可能な戦いだ」と述べた。

  ブッシュ大統領は、約15万8000人に上っているイラク駐留米軍の早期撤退はないことを示唆した。イラク戦争は、ベトナム戦争以降、2番目に長い戦争となっている。

 ブッシュ大統領の演説中、会場から数ブロック先にはイラク戦争に抗議する多数の人々が集まり、同戦争の終結を求めた。イラク戦争では、米軍兵士4000人とイラク市民数万人が死亡している。

 ブッシュ大統領は2003年3月19日、米国時間午後9時30分(イラク時間20日午前5時30分)、米軍が「衝撃と恐怖(shock and awe)」と命名した爆撃作戦を口火に、「イラクの自由作戦(Operation Iraqi Freedom)」を開始した。

 イラクでは現在も、米軍やイラク軍が、武装勢力やイスラム過激派からの攻撃に日々さらされている。さらに、イスラム教のシーア(Shiite)・スンニ(Sunni)両派の宗派対立も依然として続いている。(c)AFP/Laurent Lozano


2008/03/20 1454号                     (転送紹介歓迎)
[JCJふらっしゅ]

イラク戦費が米経済低迷の要因 71% 米世論調査

 CNNとオピニオン・リサーチ社の共同世論調査(3月14日─同16日に成人1019人を対象に実施)で、米国民の71%がイラク戦費が米経済の現在の低迷につながっていると判断していることが分かった。

 ブッシュ大統領は、戦費が景気後退を引き起こしているとの見方を先月否定している(NBC放送との会見)。「軍需産業の雇用促進」を挙げながら。経済減速の主因は「住宅ローン」とイメージを植え付けようとの判断がみえみえ。しかし米国民の7割以上がそれにだまされてはいない。

 日本の世論の流れはまだそこに至っていないが、それは直に帰還兵がホームレスに陥っている姿に直面していないことなど「実態」によるのか、政治的センスの問題なのか、あるいはメディアの報道・論評に起因するのか。

 きょう(20日)、イラク開戦から5年を迎えた。米兵死者数は4000人に迫っている。ブッシュ大統領はきのう(19日)、「フセイン大統領を追放したのは正しい決断だった」「イラクでのわれわれの成功は議論の余地がない」(共同通信)と訴えている。

米国民の71%、イラク戦費が景気停滞の一因 世論調査(CNN)

米兵死者は4000人に迫る イラク開戦から5年(共同通信)19日

成功は「議論の余地なし」 イラク開戦5年で米大統領(共同通信)



アメリカ軍をはじめ多国籍軍はイラクから即時撤退を
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/294-fb20883d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。