吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷河溶解で食糧危機 米の専門家が警告

 米国のシンクタンク、地球政策研究所のレスター・ブラウン所長は20日、記者会見し、ヒマラヤ山脈やチベット・青海高原の氷河の溶解は、世界規模の食料危機につながる可能性があることを警告、温室効果ガス削減の努力の緊急性を強調しました。

 ブラウン所長は、地球温暖化の影響で、インドのガンジス川や中国の黄河、長江の水源となるヒマラヤやチベットの氷河が完全に融解した場合、これらの河川は乾期に水の流れない「季節的河川」になると指摘。世界でも有数の米と小麦の生産地であるこれらの流域は、河川によるかんがいに大きく依存していることから、水不足は穀物生産を「直撃」することになると語りました。

 インドでは、5歳未満の子どもの40%以上が「低体重で栄養不足」の状態にあることから、いっそうの食料不足によって「飢餓が広がり、幼児死亡率が上昇する」ことになると指摘。中国では、「食料価格上昇の抑制に取り組んでいる」が、「食料不足に伴い社会的動揺が拡大する」可能性もあると述べました。

 ブラウン氏は、現在、世界的に穀物価格上昇が史上最高を記録するなか、「その緩和策が取られていない」と述べ、同地域での「生産の途絶は、そこに住む人々だけでなく、世界中の消費者にも影響する」と指摘しました。

 これらの地域では「すでに地下水の枯渇が進行中」だといいます。食料危機の可能性は「理論上の予測ではなく、すでに起きはじめていることを基にしている」と語りました。

 同氏は、「文明を脅かすシナリオを回避するためには旧来通りのエネルギー政策を転換する必要がある」と強調。「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)報告が述べている「2050年までに1990年比で80%の温室効果ガス削減」の緊急性を訴えました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/298-2dc44120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。