吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮沢賢治「雨ニモマケズ」~私もデクノボーになりたい。

 「雨ニモマケズ」、「風の又三郎」、「銀河鉄道の夜」などたくさんの名作を遺した宮沢賢治。
 
 賢治は盛岡高等農林学校卒業後、花巻農学校の教師として農村子弟の教育にあたり、多くの詩や童話の創作を続け、30歳の時に農学校を退職、独居生活に入ります。
 ここで羅須地人協会を開き、農民講座を開設し、青年たちに農業を指導しました。その後、2度病に倒れ、ついに1933年9月21日、37歳の若さで亡くなりました。
 
 宮沢賢治は、童話と詩が有名ですが、教育者であり、農業者でもあり、天文・気象・地理・歴史・哲学・宗教・化学・園芸・生物・美術・音楽などなど、あげていけばきりがないほど多彩な内面を持っていました。

 「天上よりもっといいところをつくらなくてはいけない」
 「ひとりを求めてはいけない。みんながカンパネルラだ。みんなの幸いを探しに行くがいい」
 
 銀河鉄道の中に出てくる言葉ですが、宮沢賢治は亡くなるまで「みんなの幸い」を求めて、自分を修羅とも呼びながら、実践し、苦悩し続けた人のように思います。

 「雨ニモマケズ」はあまりにも有名な詩ですが、賢治が病に伏し、死を前にして書いた詩だそうです。「みんなの幸い」を求道しながら、果たせない無念を書いているように思います。
 殺伐とした現代社会の中で、人間の生き方を私たちに伝言しているように思います。

 みなさんは、「雨ニモマケズ」どう受け止めていますか。


雨ニモマケズ
 風ニモマケズ
  雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
   丈夫ナカラダヲモチ
    欲ハナク
     決シテ瞋(いか)ラズ
      イツモシズカニワラッテヰル
       一日ニ玄米四合ト
        味噌ト少シノ野菜ヲ食ベ
         アラユルコトヲ
        ジブンヲカンジョウニ入レズニ
       ヨクミキキシワカリ
      ソシテワスレズ
     野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
    小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
   東ニ病気ノコドモアレバ
  行ッテ看病シテヤリ
 西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
 南ニ死ニサウナ人アレバ
  行ッテコワガラナクテモイイトイヒ
   北ニケンクヮヤソショウガアレバ
    ツマラナイカラヤメロトイヒ
     ヒデリノトキハナミダヲナガシ
      サムサノナツハオロオロアルキ
     ミンナニデクノボートヨバレ
    ホメラレモセズ
   クニモサレズ
  サウイフモノニ
 ワタシハ
ナリタイ           
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/37-bae33d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。