吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は確実に変わっていく~希望を持って行動したい

 2006年仕事始めから1週間が経ちました。みなさんは、どんな気持ちで新年を迎えたのでしょうか。写真は昨年の富士山です。日本の象徴富士山にあやかって希望ある年であって欲しいものです。
mtfuzi.jpg


 ブッシュ大統領によるアメリカ一国支配思想、それに無批判に追随する小泉首相、9.11総選挙での自民党の圧勝、こんな状況の中で、「何をいってもしょうがない」という諦めや、物事の悪い面ばかりを見、悲観的に考える厭世観が蔓延していることも確かだと思います。

 しかし、日本はもとより世界の市民の動きを、ゆっくり、じっくり、観ていくと、悲観的なことばかりではなく、次の時代へ希望の持てるできごとも数多くあります。私なりにそんな出来事を確認しながら、希望を持って新2006年を行動したいと思っています。

 たった一人で始めた、アメリカのシンディー・シーハンさんの息子さんの死を問う行動は、たちまち全米のイラク戦争反対の運動に広がりました。米兵の死者が2100人を超え、イラク戦争開戦の根拠のなさが明らかになり、支持率も低下する中でブッシュ大統領自ら「誤情報で開戦した」したと認めざるをえなくなりました。米国市民の平和を願う行動が勝利に近づきつつあることを認識しました。
          勇気ある母親の行動が世論を動かす

 悲しい出来事ではありましたが、カシミールでの大地震発生以降、同地方のインド側とパキスタン側を結ぶバスの運行が始まりました。為政者の思惑は別にして、住民救援のため停戦ライン5カ所が解放されたことは、やはり両国市民の人命優先の思いがさせたことだと思います。

 イスラエルとパレスチナの問題では、イスラエル軍が1967年以来占領を続けてきたガザ地区から全面的に撤退しました。イスラエルとパレスチナの和解に向けては、まだまだ十分とは言えない動きですが、両国市民の平和を願う世論の反映だと思います。
 イスラエル軍に息子を誤って殺されたにもかかわらず、息子の臓器をユダヤ人に提供したパレスチナ人の両親は「平和の願いが伝わってほしい」と祈り続けているとのこと。「報復する事なかれ」、世界に平和を呼び込む重要なキーワードだと思います。
            賢治からの伝言~報復することなかれ~

 昨年12月14日に開催された初の東アジア首脳会議は、将来の共同体構築を目指し、「ASEAN憲章制定宣言」を採択しました。集まった16カ国の人口は31億人、世界の人口の半分です。ASEAN主導で、国際紛争の平和解決などをめざし、東南アジア友好協力条約に参加する国で共同体づくりを目指します。東南アジアの人々の自立を目指す希望ある出来事です。
            ASEAN憲章制定宣言採択と小泉外交の?

 昨年2月16日、「地球温暖化防止のための京都議定書」が発効しました。11月28日から12月10日、カナダ・モントリオールで気候変動枠組み条約締約国会議と京都議定書締約国会合が開催されました。米国ブッシュ大統領は、京都議定書批准を拒否しています。気候変動枠組み条約締約国会議でもアメリカ代表は様々な妨害をはかりました。しかし、州レベル・アメリカ市民レベルの地球温暖化防止の運動が、最後はアメリカ代表を追い込み、成果文書を採択して会議は終了しました。
 「地球温暖化防止より経済優先」という合衆国政府の態度は、決してアメリカ市民の声を代弁するのではないということを知った、希望ある出来事でした。
      2006年は地球温暖化防止・京都議定書本格稼働の年です

 最後に、日本国憲法と第9条をめぐる問題です。
 自民党は、9.11総選挙での圧勝の余勢をかって、自民党「新憲法草案」を発表し、年明けの通常国会に国民投票法案を提出する予定だと言います。
 しかし、こんな事を国民が簡単に許すはずがありません。そもそも自民党の「圧勝」も実は50%未満の得票であり、有権者数からみれば30%台の支持です。決して獲得議席に見合う有権者の支持があったわけではなく小選挙区選挙という制度の結果です。
 国民投票は国民の直接民主主義が発揮される場です。9条に限って言えば過半数の国民は「変えない」ことを支持しています。
 「九条の会」も全国に広がりました。二度と戦争はしたくないという国民の意思表明です。希望を持って2006年を行動したいと思います。
            九条の会オフィシャルサイト
            9条守ろう! ブロガーズ・リンク

スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/43-5f815780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。