吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傲慢・ファッショ政治家へ伝言

 宮沢賢治の「詩ノート」の中に、「政治家」という次の詩があります。
 どうですかみなさん、この詩、今の傲慢・ファッショ小泉首相を中心とした自民党の政治家に向けたぴったりの詩だと思いませんか。
 決して現状を悲観することはないと思います。国民にとって役立たない政治家は、「ひとりで腐って」「ひとりで雨に流される」という賢治からの伝言です。


              政治家
                   一九二七、五、三、
あっちもこっちも
ひとさわぎおこして
いっぱい呑みたいやつらばかりだ
     羊歯の葉と雲
        世界はそんなにつめたく暗い
けれどもまもなく
さういふやつらは
ひとりで腐って
ひとりで雨に流される
あとはしんとした青い羊歯ばかり
そしてそれが人間の石炭紀であったと
どこかの透明な地質学者が記録するであらう


 それにしても、傲慢・ファッショ小泉首相のもとで繰り広げられている、改革競争・ポスト小泉レース。なんか思いっきり笑っちゃえますね。
 
 昨年11月22日に立党50年の記念党大会を迎えた自民党。傲慢・ファッショ小泉首相さんが『谷垣財務相らを「調子はずれ」とやり玉に挙げ』たり、『「私の意図が分からないから、調子はずれのことを言う」と酷評』したり、『中川氏については「頑張っている」と軍配を上げ』たりです。
 
 これに対して『谷垣氏は「総理からよくうかがっていないのでコメントはあえて差し控える」。与謝野氏も「政府と党で緊密に連絡をとれ、というアドバイスだと思う」とかわしたが、竹中氏は「中川氏は正論を吐いている。私も、政策がいい方向に行くように貢献したい」とボルテージを上げた』そうです。

 いやはや何とも面白い自民党の政治劇ではありませんか。もうすぐ自問党になって、やがて「ひとりで腐って」「ひとりで雨に流される」ことを期待しましょう。
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/46-907ef3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。