吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び戦争をする国にするのか

8月1日発表された自民党の「新憲法草案」が今朝の新聞にのりました。

最大の焦点はやはり憲法9条の「改憲」でしょう。私から云わせれば「改悪」です。
憲法9条の第1項は残しながら、戦力の不保持と交戦権を否定した第2項を変えようというものです。
「侵略から我が国を防衛し、国家の平和及び独立並びに国民の安全を確保するため自衛軍を保持する」と第2項1に明示しています。
そして第2項の2には、「自衛軍は、自営のために必要な限度での活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和及び安全の確保のために国際的に協調して行われる活動並びに我が国の基本的な公共の秩序の維持のための活動を行うことができる」としています。

「活動」という表現にしてありますが、軍隊の活動は軍事行動でしょう。
「国際的に協調して行われる活動」は同盟国アメリカと一緒になって外国で軍事行動をするということでしょう。

戦後60年、現平和憲法のもと日本は一度も戦争をせず、一人の戦死者も出さず、一人の外国人も殺していません。
膨大になる戦費を使うことなく、「経済大国」と云われるような社会を築いてきました。

私は今日、「戦後60年 戦争体験者の話を聴いて平和を考える」職員の学習会を主催してきました。
6歳から8歳にかけての、空襲体験、身体のすぐそばを機銃掃射された体験、空腹の体験などでした。
二度と戦争はしてはならないと改めて思いました。

評論家の桜井よしこ氏は「現行憲法9条2項を削ったのは至極当然」と云っています。
なんという馬鹿なことを、と唖然とした気持ちです。

憲法9条改悪絶対反対です。
スポンサーサイト

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/5-453feddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。