吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虔十公園林~スローでデクノボーがいい~

 「虔十(けんじゅう)公園林」は、周囲の人たちから少し足りないと思われていた虔十がじつは生き物や雨や風から多くを感じとることができる人で、後の時代の子供たちに優れた贈り物を残したという心温まる話です。

 虔十は「青ぞらをどこまでも翔(か)けて行く鷹(たか)」や「風がどうと吹いてぶなの葉がチラチラ光る」のを見たりするのが大好きで、嬉しくなって笑ったり手をたたいて知らせたくなります。しかし、そういう虔十を見て子供たちが馬鹿にするので、虔十は嬉しさを隠そうとしてはあはあとおかしな笑い方になってしまいます。

 虔十は働き者でした。「おっかさんに云いつけられると虔十は水を五百杯でも汲みました。一日一杯畑の草もとりました。けれども虔十のおっかさんもおとうさんも仲々そんなことを虔十に云いつけようとはしませんでした」

 ある時、家の後ろの野原に杉を植えたいから、杉苗を700本買ってくれと虔十が言います。兄はあそこは杉を植えても育たないと言いますが、父親はそれまで何かを買ってくれと言ったことのなかった虔十が言うことなので、「買ってやれ、買ってやれ。虔十ぁ今まで何一つだて頼んだごとぁ無ぃがったもの。買ってやれ。」と言ってくれます。

 虔十が野原に杉苗を植えると近所の人たちは、「あんな処に杉など育つものでもない、底は硬い粘土なんだ、やっぱり馬鹿は馬鹿だとみんなが云って居りました。」実際、杉が伸びたのは5年目までで、7、8年たっても9尺くらいにしかなりませんでした。そんな具合で普通には伸びていかない杉の木なのに、平二という意地悪な百姓(「平二は百姓も少しはしていましたが実はもっと別の、人にいやがられるようなことも仕事にしていました。)が虔十に枝打ちはしないのかと冗談を言います。それを真にうけて虔十は下枝を払ってしまい、杉林の上の方の枝は3、4本しか残らない寂しい状態になってしまいます。そして杉林の中はがらんとした広がりができました。

 翌日、林から子供たちが大勢さわぐ声が聞こえ、虔十が行ってみると、「愕ろいたことは学校帰りの子供らが五十人も集って一列になって歩調をそろえてその杉の木の間を行進しているのでした」。杉の列はどこを通っても並木道のようです。「その杉の列には、東京街道ロシヤ街道それから西洋街道というようにずんずん名前がついて行きました」。虔十はたいへん嬉しくなって「杉のこっちにかくれながら口を大きくあいてはあはあ笑いました」。

 やがて虔十はチブスで死んでしまいますが、杉林ではずっと子供たちが遊び続けます。長い時間がたち、子供の頃そこで遊び、村から出て今アメリカのある大学の教授になっている若い博士が十五年ぶりで故郷へ帰って来ました。村には鉄道が通ったり、瀬戸物の工場や製糸場ができたり、周囲の光景はすっかり変わっているのに、虔十の杉林は昔のままでかつてと同じように子供が楽しそうに遊んでいました。
 
 その光景をみて若い博士は、「ここは今は学校の運動場ですか」と尋ね、虔十が植えた杉林であることを教えられ、「ああそうそう、ありました、ありました。その虔十という人は少し足りないと私らは思っていたのです。いつでもはあはあ笑っている人でした。毎日丁度この辺に立って私らの遊ぶのを見ていたのです。この杉もみんなその人が植えたのだそうです。ああ全くたれがかしこくたれが賢くないかはわかりません。ただどこまでも十力の作用は不思議です。ここはもういつまでも子供たちの美しい公園地です。どうでしょう。ここに虔十公園林と名をつけていつまでもこの通り保存するようにしては。」と言います。

 そして物語は次の文章で締めくくられます。
…………………………………<引用開始>………………………………………
 全く全くこの公園林の杉の黒い立派な緑、さわやかな匂、夏のすずしい陰、月光色の芝生がこれから何
千人の人たちに本統のさいわいが何だかを教えるか数えられませんでした。
 そして林は虔十の居た時の通り雨が降ってはすき徹る冷たい雫をみじかい草にポタリポタリと落しお日
さまが輝いては新らしい奇麗な空気をさわやかにはき出すのでした。
…………………………………<引用終わり>……………………………………
「虔十公園林」の最後の場面で、「虔十公園林」の名付け親になる「博士」が言う「あヽ全くたれがかしこくたれが賢くないかはわかりません。たヾどこまでも十力(じふりき)の作用は不思議です。」という言葉があります。

 「十力」とは、仏教用語で、「仏に特有な10種の智力のこと。本来、自我の奥に誰もが持っている知恵 」だといいます。虔十が人々に笑われながら植えた杉は林となり、子供の遊園地となり、「何千人の人たちに本当のさいわいが何だかを教える」ものとなりました。虔十の生き方は、賢治が理想とし、「雨ニモマケズ」書いた「デクノボー」に通じるものだと思います。

         「虔十(けんじゅう)公園林」本文が読めます。
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/56-d0d6b6ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。