吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狼森と笊森、盗森」~自然と人間との共生を~

 今日は、宮沢賢治の童話集「注文の多い料理店」に収載されている、「狼森と笊森、盗森」という童話を紹介します。人間が自然に対して謙虚に接すれば、自然もきちんと応えてくれということを、賢治さんは楽しい物語で伝言しています。
          「狼森と笊森、盗森」本文はこちらで読めます。
 狼森(オイノもり)、笊森(ざるもり)、盗森(ぬすともり)、それに黒坂森というのは、実際に小岩井農場の北にある四つの森の名前です。写真は岩手山ですが、ちなみに岩手では森は低い里山のことをいうそうです。
siki.iwatesan.gif


 まず四つの森の誕生物語です。ずっと昔、岩手山がなんべんも噴火しました。噴火がやがてしずまると、野原や丘には、穂のある草や穂のない草が、南の方からだんだん生えて、とうとうそこらいっぱいになり、それから柏や松も生え出し、しまいに、いまの四つの森ができました。

 その森に、四人の、けらを着た百姓たちが、山刀や三本鍬や唐鍬や、すべて山と野原の武器を堅くからだにしばりつけて、東の稜ばった燧石の山を越えて、のっしのっしと、この森にかこまれた小さな野原にやって来ました。

 そこが集落をつくるのによさそうだと思った農民たちは、周りの森に叫びます。「こゝへ畑起してもいヽかあ。」「こゝに家建ててもいヽかあ。」「こゝで火たいてもいいかあ。」「すこし木(きい)貰(もら)つてもいゝかあ。」それに森は一斉に「いゝぞお。」とか「ようし。」と答えてくれます。なんとも優しい自然の応えではありませんか。

 最初の冬を越し、春がきて蕎麦(そば)や稗(ひえ)をまき、秋になって無事に穀物が実る頃になって、小さな4人の子供の姿が見えなくなりました。
 驚いた村人たちは森にさがしに行くと、一番近い狼森(オイノもり)の奧からパチパチ音がしてきます。近くに行ってみると、火の周りで4人の子供が焼いた栗や初茸(はつたけ)などを食べ、その周りで狼たちが歌いながら回っているのです。
 大人たちが「狼どの、童(わら)しやど返して呉(け)ろ。」と叫ぶと火が消えしいんとして、子供たちが泣きだしました。狼たちは困って森の奧にいってしまいました。そこで、大人が子供たちの手を引いて森を出ようとすると、狼が叫ぶのが聴こえてきました。
 「悪く思はないで呉(け)ろ。栗(くり)だのきのこだの、うんとご馳走(ちそう)したぞ。」
農民たちは村に帰ってから、粟餅をつくってお礼に狼森にもっていきました。

 春になって子どもは11人になり、馬が二疋来ました。畠には、草や腐った木の葉が、馬の肥と一諸に入りましたので、粟や稗はまっさおに延びました。そして実もよくとれたのです。秋の末のみんなのよろこびようといったらありませんでした。

 そんな秋も深まり、ある霜柱のたったつめたい朝、今度は農具がなくなりましたが、なくなった九つの農具は、笊森の笊の中から出てきました。

 その次の秋、馬は三疋になりました。しかし、また不思議なことが起こりました。今度は粟餅をこさえようと準備した粟が全部なくなりました。今度は、盗森が粟を盗んでいたのです。
 それを見ていた銀の冠をかぶった岩手山が言います。「ぬすとはたしかに盗森に相違ない。…粟(あは)はきつと返させよう。だから悪く思はんで置け。一体盗森は、じぶんで粟餅(あはもち)をこさへて見たくてたまらなかつたのだ。それで粟も盗んで来たのだ。はつはつは。」
 みんなはあっけにとられてがやがや家に帰ってみましたら、粟はちゃんと納屋に戻っていました。そこでみんなは、笑って粟もちをこしらえて、四つの森に持って行きました。 

 人間が自然に対して謙虚であれば、自然も、働く人間に優しく応えてくれるのだ、ということを私たちに伝言してくれています。
スポンサーサイト

テーマ:宮沢賢治からの伝言 - ジャンル:その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/58-43485b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。