吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の事務所~いじめ横行の小泉政権は解散を命ずる~

 今日は宮沢賢治の動物寓話集「猫の事務所」の冒頭に収載された「寓話 猫の事務所」を紹介したいと思います。このはなしは、猫のいじめをあつかったものですが、賢治さんは、人間社会の告げ口やいじめのおろかさを揶揄し、猫社会におきかえて語り手に語らせています。

             「寓話 猫の事務所」本文をお楽しみ下さい。

 
 さて、物語です。
 猫の事務所、なかなか愉快な舞台の設定です。そう話の舞台である猫の第六事務所とは、猫の歴史と地理を調べる事務所です。

 ある日、ぜいたく猫が氷河鼠を食べにベーリング地方に行きたいがどこが一番いいかを調べてもらいにきます。そうすると氷河鼠の産地とか、ベーリング地方を猫が旅行する際の注意とかを事務長の猫がつぎつぎに質問して書記の猫が書類を調べながら答えていきます。 「夏猫は全然旅行に適せず」とか「冬猫もまた細心の注意を要す。函館(はこだて)附近、馬肉にて釣らるる危険あり。」などと調べてくれるのです。

 この猫の事務所のメンバーは、事務長が黒猫、一番書記が白猫、二番書記が虎猫、三番書記が三毛猫、そして窯猫(かまねこ)が四番書記です。窯猫というのは、「夜かまどの中にはひつてねむる癖があるために、いつでもからだが煤(すす)できたなく、…何だか狸(たぬき)のやうな猫」なのです。 それで窯猫は他の書記の猫に嫌われ、意地悪をされます。虎猫が机から落とした昼の弁当を窯猫が気をきかせて拾うと、「机から床の上へ落ちた弁当を君は僕に喰へといふのかい。」と虎猫にすごまれたりします。それでも事務長の黒猫は、間に入ってくれていました。

 ところが、窯猫が風邪をひいて休んでいる日に、他の書記の猫たちが事務長の黒猫に、窯猫は「何でもこんどは、おれが事務長になるとか云ってるさうだ。」などとあらぬ告げ口をされてしまいます。 愚かな事務長はそれを信じてしまい、翌日、窯猫が事務所に出てくると、他の猫とともに窯猫を無視して仕事をさせないようにします。昼を過ぎると窯猫はしくしく泣きはじめました。

 そんなところに金色の頭の獅子(しし)が現れ、「お前たちは何をしてゐるか。そんなことで地理も歴史も要(い)つたはなしでない。やめてしまえ。えい。解散を命ずる」と、事務所を解散させてしまいます。そして、語り手が「ぼくは半分獅子に同感です」と言うところで物語は終わりです。


 いま私たちの周りには、「いじめ」にまつわる話が多くあります。社会問題になるのが学校や会社でのいじめでしょうか。
 しかし、最近特に目につき、見苦しいのが一国の総理たるファッショ小泉首相の「いじめ」じゃないでしょうか。総選挙では、郵政民営化に反対した候補者に「刺客」を放ち、選挙が終わると自民党から追い出し、内閣でも気にいらない発言をすると、小泉べったりの人にいじめさせる、「改革競争」で反対する者は次々と排除していく、本当に純真無垢な心をもった子どもたちには見せたくない社会です。

 賢治さんは、いじめの舞台となる猫の事務所を、「金色の頭の獅子」に解散させました。できるだけ早い時期に国民が、「金色の頭の獅子」になって、ファッショ小泉政権を解散させなければなりません。これが賢治さんからの伝言だと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/59-18f16c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。