吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ許すまじ原爆を 三度許すまじ原爆を

8月5日 韓国人被爆者慰霊碑の前で3人の方が尺八を奏で慰霊の心をささげていました。
2005sekaitaikai001.jpg

8月6日 広島市の平和記念公演では様々な形で核兵器廃絶、反戦平和が訴えられていました。
2005sekaitaikai003.jpg

日本が引き起こした太平洋戦争、広島、長崎へのアメリカの原爆投下どちらも人間に悲劇をもたらしました。
地球上から戦争がなくなり、核兵器がなくなることを心から願っています。


被爆し、若くして亡くなった峠 三吉(とうげ さんきち)さんの「原爆詩集」から「ちいさい子」を紹介します。


   ちいさい子

ちいさい子かわいい子
おまえはいったいどこにいるのか
ふと躓いた石のように
あの晴れた朝わかれたまま
みひらいた眼のまえに
母さんがいない
くっきりと空を映すおまえの瞳のうしろで
いきなり
あか黒い雲が立ちのぼり
天頂までまくれひろがる
あの音のない光の異変
無限につづく幼い間のまえに
たれがあの日を語ってくれよう

ちいさい子かわいい子
おまえはいったいどこにいったのか
近所に預けて作業に出かけた
おまえのこと
その執念だけにひかされ
焔の街をつっ走って来た両足うらの腐肉に
湧きはじめた蛆を
きみ悪がる気力もないまま
仮収容所のくら闇で
だまって死んだ母さん

そのお腹におまえをおいたまま
南の島で砲弾に八つ裂かれた父さんが
別れの涙をぬりこめたやさしいからだが
火傷と膿と斑点にふくれあがり
おなじような多くの屍とかさなって悶え
非常袋のそれだけは汚れも焼けもせぬ
おまえのための新しい絵本を
枕もとにおいたまま
動かなくなった
あの夜のことを
たれがおまえに話してくれよう

ちいさい子かわいい子
おまえはいったいどうしているのか
裸の太陽のむこうでふるえ
燃える埃の、つんぼになった一本道を
降り注ぐ火弾、ひかり飛ぶ硝子のきららに
追われ走るおもいのなかで
心の肌をひきつらせ
口ごもりながら
母さんがおまえを叫び
おまえだけ
おまえだけにつたえたかった
父さんのこと
母さんのこと
そしていま
おまえひとりにさせてゆく切なさを
たれがつたえてつたえてくれよう

そうだわたしは
きっとおまえをさがしだし
その柔らかい耳に口をつけ
いってやるぞ
日本中の父さん母さんいとしい坊やを
ひとりひとりひきはなし
くらい力でしめあげ
やがて蝿のように
うち殺し
突きころし
狂い死なせたあの戦争が
どのようにして
海を焼き島を焼き
ひろしまの町を焼き
おまえの澄んだ瞳から、すがる手から
父さんを奪ったか
母さんを奪ったか
ほんとうのそのことをいってやる
いってやるぞ
スポンサーサイト

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/7-d59aad35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。