吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇く地球を救え~砂漠に関するQ&A②

 今年は、国連が定めた「砂漠と砂漠化に関する国際年(国際砂漠年)」です。
 そこで牡猫COOは、今年は重点的に地球温暖化と地球の砂漠化を中心に、地球環境・水問題を学ぼうと思っています。

今日は、砂漠に関するQ&A②を紹介します。
Q②砂漠化が現在も進んでいます。1年間で砂漠化する面積(平均)は、世界中でどのくらい?
 国連環境計画の91年報告は、年平均6万平方㎞、何と九州と四国をあわせたぐらいの広さが新たに砂漠化しているとしています。
 砂漠化とは、もともと緑のあった土地が、人間の活動などによって劣化し、砂漠のようになってしまう状態です。
 過剰な放牧や耕作、伐採が繰り返されると植物がなくなり、風雨によって肥えた土が流され、不毛な土地になります。また、不適切なかんがいのやり方も地中の塩を地面に集め、植物を育たない土地にしてしまいます。
 地球温暖化などの気候的要因も砂漠化の一因といわれています。

 日本は大量の食料を輸入していますが、小麦や肉もその土地の水を大量に利用して作られています。砂漠化と日本人の暮らし方は無縁ではありません。
 砂漠化が広がるオーストラリアでは、化石水と呼ばれれる1万年前の地下水を利用して、かんがいし、アメリカでも1000年前の地下水をくみ上げています。こうした水は使い切ったら半永久的に回復しません。

 日本人も地球の砂漠化の問題に大いに関心をもたないといけませんね。
スポンサーサイト

テーマ:地球環境・エネルギー問題を考える - ジャンル:その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/74-f6a1f636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過疎を克服し地方が生き延びる道

他律的な「開発」から脱却し、自立的な「発展」を目指そう。「発展」とは、「経済的、社会的、文化的変化の総体」つまりある経済社会の内部から自らを変化させていくような自律的能力を意味しています。 ところが、この「発展」の過程で、ある地域が、他地域から生産的資源

  • 2006/01/21(土) 10:45:34 |
  • 晴耕雨読

「貧困」についての4つの誤り

貧困を単に「収入の低さ」「モノのなさ」で捉えている方が居るかもしれません。しかし、「貧困」を「モノや金がないこと」と捉え、それに基づき「モノや金を与える」ことは貧困問題の解決にならないばかりか、しばしばその努力を阻害します。 ここでは陥りやすい4つの誤り

  • 2006/01/21(土) 10:44:39 |
  • 晴耕雨読

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。