吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の死、理由聞かせて

「息子の死 理由聞かせて」
2005年8月8日の新聞に載っていました。

イラクで戦死した米兵の母親が「息子は何のために死んだのか理由を聞かせてほしい」と、夏休み中のブッシュ大統領との面会を求めてテキサス州の大統領私邸に単身乗り込み全米の注目を集めているそうです。

母親はカリフォルニア州のシンディー・シーハンという方だそうです。陸軍上等兵だった息子さん(当時24歳)は昨年4月、武装勢力の攻撃で死亡しました。

シーハンさんは、息子の死亡から2ヶ月後に他の遺族とともに、ブッシュ大統領と会う機会がありましたが、大統領は「戦死者は高貴な目的のために身をささげた」と云うだけで遺族の疑問には答えなかったそうです。

先週、イラクで米兵の死者が相次いだために、シーハンさんは大統領に直接疑問をぶつけようと、6日に大統領私邸前に立ったそうです。
大統領補佐官らが対応したそうですが、シーハンさんは大統領との面会が実現するまでは帰らないといっているそうです。

イラク戦争では、すでに1000人以上の米兵が死亡しています。「フセインは大量破壊兵器を保有していた」との戦争開始の大儀もなくなりアメリカ軍は、ブッシュ大統領の命令によりイラクに居座っています。

何のために「息子は死んだのか 理由聞かせて」戦死した全ての米兵の母親の気持ちではないでしょうか。

小泉首相はブッシュ大統領に追随して自衛隊をイラクに派遣しています。派遣先での治安はだんだん悪くなっていることが報道されています。自衛隊員の母親が嘆き悲しむ姿は見たくないものです。

スポンサーサイト

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/9-e7ec7e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。