吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャル「異常気象 地球シュミレータの警告」を観る

 今年は、国連が定めた「国際砂漠年」である。個人的には地球温暖化がもたらす地球環境への影響、水問題など関心をもって学びたいと思っている。
 この2月、京都議定書が発効して1年が経ち、「気温上昇はどこまで許容できるか」をテーマにしたシンポジウムや「地球環境と大気汚染を考える全国市民会議」の報告集会などが開催され、地球温暖化への警鐘が鳴らされている。
 2月17日には、「グリーンランド 氷の流出量10年前の3倍」という米国の研究グループの発表も報道されている。

 いろいろ問題のあるNHKであるが、昨晩から「気候大異変」シリーズの放送をはじめた。追いかけて観たいと思っている。第1回「異常気象 地球シュミレータの警告」は下記のような内容だった。


 去年、米国史上最悪の被害をもたらした巨大ハリケーン・カトリーナ。地球温暖化が原因ではないかと考えられている。将来、温暖化は人類に何をもたらすのか。

 世界屈指の計算速度を誇る日本のスーパーコンピューター「地球シミュレータ」は、私たちの未来に横たわる危機を子細に予測している。百年後、世界のCO²濃度は倍増し、気温は最大4.2度上昇する。東京は奄美大島付近の気温になり、真夏日の日数は100日以上に増加。正月は紅葉の真っ盛り・・・。気温の上昇は世界中で熱波による死者の増加という突然の災害をもたらす。

 2003年、ヨーロッパに3万人を超える死者をもたらした熱波は、まさにその予兆だったと考えられている。さらに温暖化は、極端な気象災害をもたらす。台風やハリケーンなどの熱帯低気圧は巨大化する。カトリーナ級の台風が本州を襲い、暴風による被害が激増。
 異常気象に翻弄(ほんろう)される現在の世界をルポしながら、「地球シミュレータ」の詳細な計算結果をもとに、コンピューターグラフィクスを駆使し百年後の地球の姿を映像化された。

スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

コメント

吾輩は猫である様、こんばんは。来週NHK BS1で再放送される「気候大異変」シリーズの紹介に貴ブログ記事を勝手に紹介させていただきました。多くの方に見ていただけるといいなと思っています。申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。(文責:T.N.君の日記)

  • 2006/03/16(木) 00:44:14 |
  • URL |
  • Under the Sun-MEDIA- #-
  • [ 編集]

大いに活用して下さい。

つたない記事が役に立てば嬉しいことです。再放送があるのですか。是非、多くの人に観て欲しい番組です。

  • 2006/03/17(金) 17:20:25 |
  • URL |
  • 牡猫COO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatyabo.blog44.fc2.com/tb.php/97-1aa07236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。