吾輩は猫である

地球温暖化が進んでいます。宇宙船地球号は持続できるのでしょうか。日本の平和憲法も危機にさらされています。地球温暖化防止、守ろう憲法9条・生かそう憲法25条を訴えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎からのキャンプリポート 巨人とファンのつどいに2000人が集まりました

kyozin.jpg

 プロ野球・巨人とファンの集い(がんばれジャイアンツ九州・山口の会など主催)は16日、宮崎市の県武道館でありました。原辰徳監督のトークショーや選手による野球教室などがあり、県内外から集まったファン約2千人が交流を楽しんだそうです。

 大きな拍手を浴びてステージに登場した原監督は「ファンの皆さまとともに全力で戦って、必ずペナントを取り、喜びを分かち合いたい」と意気込みを語りました。

 上原浩治投手や高橋由伸外野手、阿部慎之助捕手ら主力選手が投球や打撃の指導をしたり、ファンからの質問に答えたりするコーナーも。

 二岡智宏内野手にバッティングを教わった住吉中3年生は、「相手投手をイメージしてスイングすることを習った。自分も尊敬されるプロ野球選手になりたい」とうれしそうに話していたそうです。

宮崎からのキャンプリポート・ソフトバンク川崎選手が元気です

 プロ野球のキャンプインから早10日が過ぎました。
 ソフトバンクキャンプには、選手会長の斉藤も、小久保も故障で不在。そんな中川崎選手が元気にチームを引っ張っています。
 
 グラウンドに、ひときわ大きな声を響かせ、先輩の松中にも、ミスをすればおくすることなくハッパを掛けているそうです。一昨年はワールド・ベースボール・クラシックで、昨年は北京五輪アジア予選で、正遊撃手として活躍しました。
 激闘を終えてから、川崎は台湾で行われた北京五輪予選のときの話をよく口にするようになったそうです。「いつもと変わらず声を出していても『ばかだな』と言う人がいなくて、やりやすかった」。一流選手の集まる中でも自然体を貫き、チームメートを鼓舞。日本代表の星野監督も認めるリーダーシップを発揮しました。
kawasaki1.jpg

 9年目を迎えても、元気いっぱいです。その年の選手会長がやることになっている最終日の朝の声出しを、今年は川崎が務めるそうです。26歳。ランニングで先頭に立って引っ張る姿に、リーダーとしての雰囲気が出てきているそうですよ。

 川崎選手は7日、県に車いす13台を寄付しています。車いすは県庁や県福祉施設に置く予定とのこと。大リーグに挑戦している元ソフトバンクの井口資仁選手と東京都の医療福祉会社が、2004年に共同設立した慈善活動「愛基金」の一環です。プロ野球選手7人が参加し、野球教室や寄付を行っているとのこと。川崎選手偉い。
kawasaki2.jpg

星野監督五輪へ始動 ソフトバンクと西武視察しました

hoshino.jpg

 北京五輪に出場する野球日本代表の星野監督ら首脳陣は5日、宮県内でキャンプを張るソフトバンクと西武を視察し、五輪に向けて始動しました。

 午前中は宮崎市内のソフトバンクを訪れ、2006年のワールド・ベースボール・クラシックを指揮した王監督に五輪出場を報告。

 午後には車で約1時間かけて南郷町の西武へ移動し、渡辺新監督にあいさつ。代表チームへの理解を求め、北京五輪でも先発の有力候補に挙がる涌井の投球練習を熱心に見守りました。

 星野監督は9日までに6球団のキャンプを視察する予定とのこと
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。